音楽

【初心者必見!】アコギ(アコースティック・ギター)の始め方!

こんにちは、みっちゃんです。

今回はこんな質問に答えていきたいと思います。

アコギの始め方を教えて欲しい

ケロくん
みっちゃん

まずは、アコギの選び方からだね!

結論

  • アコギ本体は3万円がボーダー
  • チューナー、カポ、ピックは必ず買おう!
  • メジャーコード、マイナーコードは暗記しよう!
  • Uフレットを使おう!
  • 爪は常に短くしよう!
  • 練習はできるだけ毎日しよう!

アコギの選び方

基本的には3万円以上するものを購入すれば間違い無いと思います。

具体的にみていくと、木材の構造は『トップのみ単板』タイプがおすすめです。

アコギには

  • 『単板』タイプ
  • 『合板』タイプ

とがあるのですが、基本的に単板の方が音の質や響きがいいです。

『トップのみ単板』タイプはその名の通りトップのみに単板が使われていてサイドとバックに合板が使われているものです。

それなら単板のみのほうがいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、合板は高く、安くても10万円前後はします…。

トップのみ単板ならだいたい3万円前後で買えますし、音質等も十分しっかりしているので、最初の一本目としてはトップのみ単板タイプをオススメします。

絶対に買うべきアクセサリ

カポ

カポとは正式名称が『カポタスト』と呼ばれているもので、曲のキーを変えたり弾きやすいコードで弾くために使われます。

Uフレット(後述)を使うならカポ は必須です!

ピック

ピックはギターを弾くときに使うあれです(笑)

フィンガーピッキングでやるぞ!って人はいらないかもしれませんが、初心者なら絶対にピック使った方が簡単なのでピックは買ったほうがいいです。

また、ピックは小さいのでなくなりやすいです。なのでピックをしまえるピックケースなんかもあると便利ですよ

チューナー

ギターの弦は時間経過とともに少しずつ緩くなっていきます。そうすると本来出したい音よりも少しずつ低くなってしまいます。

それを直すためにチューナーは必要になってくるのです。

また、初心者のうちはあまり関係ないかもしれませんが、曲によってはチューニングをかえて弾く曲もあるので、そう言う場合にもチューナーは必要になってきますね。

ただ、最初はレギュラーチューニングで問題ないので、緩くなってきたときに使う用だと考えてもらって大丈夫です

できれば欲しいアクセサリ

ギターケース

気分転換でカラオケとかにいきたいときには必須アイテムです!

ギタークロス

ギターのネックや本体を拭くときに使う布です。

特にネック部分はちゃんと掃除しないと弦が錆びたりしてしまうので、長く使うためにも是非とも欲しいアイテムです!

予備の弦

弦を交換するときに毎回ショップに行ってはお金がかかってしまうので、自分で変えれるようになりたい!と言う人は必ず欲しいアイテムです!

まず最初に覚えること 練習方法

まず覚えるべきはコードです。

よく使われるコードとして

  • メジャーコード
  • マイナーコード

があります。

他の楽器をやったことがあるならわかるとおもいます。

コード

メジャーコードはそれぞれC、D、E、F、G、A、Bの7つがありそれぞれの後ろに『m』がついたものがマイナーコードになります。(Cm、Dm等)

これらのコードはセブンスやナインス、sus等の基礎となるコードでもあります。この14個を覚えれば大体の曲は弾くことができるので、楽しみながら覚えることができます。

もし余裕があるなら次はセブンスコードをおすすめします。

セブンスコード

メジャーコードならC7、D7といった具合にアルファベットの後ろに『7』をつけたものがセブンスコードになります。

少し大人っぽい雰囲気(カフェとかに流れてそう?)になるのが特徴です。セブンスコードもメジャーやマイナーの基礎コードに次いでよく使われるコードになります。

ナインスコードというものもありますが、それについてはあまり詳しくないので、気になる人は『ギター ナインスコード』とでも検索してみてください。

そして、コードと一緒に覚えていきたいのがストロークです。

ここでピックの出番になるのですが、このストロークが最初はなかなかに難しいです。

ギターのストロークは上から振り下ろすのと下から振り上げる動作を組み合わせて表現します。

最初は腕がギクシャクしてしまい思うようにリズムが取れないと思いますが、ここはやはり何度もやって慣れるしかないです。

左手はネック(ギターの首みたいに長い部分)をコードを押さえずに握るだけの状態にして、ストロークに集中して練習するのもありだと思います。

慣れてくればボディを叩いてパーカッションのような音を出す『スラム奏法』を間に挟んでみたりしても楽しいかもしれません。

コードの押さえ方になれてきたら『Uフレット』というサイトが最もおすすめです。

世の中にはいろんな曲のコード進行を見やすくまとめてくれてあるサイトがたくさんあるのですが、Uフレットはおそらく一番有名なところですね。

気になった方は是非調べてみてください。

練習で気をつけること

左手の爪は常に短くする

これはコードを押さえやすくするために必ず必要なことです。

爪が長いとコードを押さえたときに指が寝そべってしまい、他の弦に触れて触れられた弦がミュート(音が出なくなる)されてしまうからです。

爪が長い状態でずっとやっていると指がその形を覚えてしまい悪い癖として身についてしまうので、ギターを触るときはやはり短くするのは鉄則ですね。

練習はできるだけ毎日しよう

これはギターに限らずなにかを覚えようとするときに大体あてはまることなのですが、やはり毎日やることで上達は早くなります。

1週間に1度3時間30分やるより、毎日30分やっていったほうが指がギターになれてくれます。

指が痛くなったら休憩しよう

ギターを長いこと触っている人は指先が固くなっているので大丈夫なのですが、初めてギターに触る方は指先が柔らかい状態になっています。

アコギの弦は基本的に鉄でできているので、何度もコードを抑えれば当然痛みを伴います。そうなったら一旦手を休めましょう。

ただ、だからといって何日も触らないでいるといつまで経っても指先が固くならないので、そこは自分の体と相談しながら上手くやっていきましょう。

さいごに

最初はコードが抑えられなかったり指先が痛くなったりストロークがうまくいかなかったりして大変だと思いますが、どんなプロギタリストも最初は皆同じです。

大変だとは思いますが、最初が踏ん張りどころだと思って是非頑張ってみてください。

-音楽

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.