副業

【誰も教えてくれない!】アフィリエイトはまだ稼げる!?仕組みや稼ぐための方法とは

こんにちは!みっちゃんです。

今回はこんな悩みを解決していきたいと思います。

アフィリエイトって、
正直もう稼げないの?

ケロくん
みっちゃん

もう稼げないと言われているけど
全く稼げないということではないんだよね。
解説していくね!

今回は、アフィリエイトという稼ぎ方について紹介させて頂きます。

終身雇用が終わりつつある現代の日本では、以前より会社員としての働き方の他に個人での働き方にフォーカスされつつあります。

そして、その個人の働き方の中で大金を稼ぐ人が続出し、一世を風味したのがアフィリエイトです。

会社員として疑問を持ち個人の働き方に興味を持っている方は是非こちらの記事を読んでみてください。

最初に結論を言うとこうです。

結論

アフィリエイトで大金を稼ぐのは難しいです。ですが、サラリーマンと同等、それ以上に稼ぐ事ができる可能性は十分にあります。

また、アフィリエイトの魅力としては、Webページの検索順位が高く定期的に流入が見込める形になれば、

手を加えなくても一定の金額が収入として見込む事ができます。

そして、定期的に収入が見込める形にするためには、競合よりもユーザーにとって良質なページの作成をただひたすらに積み重ねていく事です。

アフィリエイトの仕組みとは

アフィリエイトは、成果報酬型の広告を掲載し報酬を発生させる仕組みの事です。

簡単に説明すると作成したWebサイトに特定の広告を掲載し、

その広告を通じて商品やサービス購入や制約など目的達成した分に対して報酬が発生します。

稼ぐには高い集客率、高い成約率が必要となります。

基本的にはWebサイトを用意して集客する事が一般的ですが、

集客方法は検索による集客もしくはSNSによる集客など分別されます。

更には、Web広告を使用するか否かなど様々な集客方法が溢れています。

SNSは特徴としてブランディング力が無いと見込み顧客を獲得するのが難しいため、

一般的には検索を集客のメインに取り扱う事が多いです。

検索による集客は自然検索による集客、広告による集客に分別されます。

自然検索の特徴は検索順位が高くなれば安定的に収入を見込めますが、反面検索順位を上げるまでに時間がかかります。

広告を使用すると設定すれば直ぐに集客を見込めますが費用として料金も発生する事になります。

集客方法は大きく、検索による集客とSNSによる集客など分別される。

プラスアルファで、web広告を使うことも可能です

アフィリエイトで稼ぐための方法

上記では、アフィリエイトの集客方法について挙げてきましたが、

ズバリ稼ぐためにはまず自然検索による集客が必須になると言っても過言ではありません。

理由としては、広告による集客はアフィリエイトを手掛ける競合が増え、単価が上がり成約による収益より高くなってしまうからです。

アフィリエイトという仕組み上あくまでも成約した商品、サービスの一部が収益となります。

昔であれば、広告単価も安く広告を積極的に運用する事で収益を出す事もできましたが、現在では広告運用をメインに収益を出すのは難しいでしょう。

自然検索での収益化も以前より難しくはなっていますがポイントを押さえれば稼ぐ事も可能です。

ここからは、自然検索での集客をメインに焦点を置き進めて行きます。

自然検索で集客をするためには何より検索順位の向上が必須の条件となります。

検索順位を上げるための方法として重要なテーマである「商材の選び方」、

「検索順位が上がるコンテンツの作り方」という点に絞って紹介していきます。

アフィリエイトで稼ぐためには、自然集客が必須

なぜなら、広告運用をしても広告単価の方が収益よりも高くなる可能性があるから

商材の選び方

アフィリエイトで稼ぐためには商材選びがとても重要です。商材選びの条件としては比較的適した条件となるのが下記の条件です。

商材選びの条件

  • 1成約あたりの単価が1,000円以上
  • Webサイトの質が高い競合が多すぎない
  • 広告単価が高すぎない

1成約あたりの単価が1,000円以上

まず、単価は安すぎるとある程度の収益を上げるのが難しいため1,000円以上がおすすめです。

基本的には後発でアフィリエイトをスタートさせた場合、ある程度需要のあるキーワードの検索結果で1位になる事はまずありません。

しかし、検索結果が1位表示でなくても小数の集客は可能です。

少数の集客を前提に考えた場合単価が安いと収益が上がるのも時間がかかってしまい継続が難しくなってしまいます。

Webサイトの質が高い競合が多すぎない

続いて重要であるのが、Webサイトの質が高い競合が多すぎない事です。

単価の条件を満たしていたとしても競合が多い場合、検索順位が上がらず集客する事ができなくなってしまいます。

質の高いWebサイトか判断するポイントはシンプルにその商品やサービスを利用する事を考えた時に、

分かりやすく、利用しやすく、必要な情報が十分に揃っているかどうかです。

何か不備がある場合は勝てる見込みはあるのでその不備の改善を意識してサイト作りを手掛けましょう。

質が高い競合のWebサイトが10個以上あるようでしたらその商材は諦めて、他を探しましょう。

集客するポイントは検索結果欄の1ページ目に表示される事です。

10個以上ある場合は1ページ目の表示がかなり難しくなるため、他を探す方が賢明です。

広告単価が高すぎない

最後に広告単価は競合の多さにも比例する事ですが単価が高すぎない事もポイントです。

実際、サイトを作成して運用開始したとしても検索順位は直ぐに上がらず数ヶ月かかる事が一般的です。

その間、殆ど集客の動きはありません。ですが、広告を活用すれば集客が可能となります。

ここでは広告費の方が高くなってしまう可能性はありますが、

ユーザーの動向を知る事ができ、サイトの改善につなげる事ができます。

検索順位が上がるコンテンツの作り方

検索順位を上げるためには、検索エンジンのアルゴリズムに良質なサイトと判断してもらう必要があります。

良質なサイトを作るには良質なコンテンツページを積み重ねる事が最も大事です。

良質なコンテンツを作るために重要な事は、ペルソナいわゆるターゲットを限りなく明確にし、

そのペルソナが必要だと考える情報を必要なタイミングで用意する事が重要です。

コンテンツページは分かりやすく、利用しやすく作成する事が前提です。

例えば、アフィリエイトの商材をレンタル品とし、ペルソナA(都内在住・男性・37歳)と仮に設定したとします。

このペルソナは日中働いている事が想定されるので受け取りができる時間が限られる可能性があります。

配送で受け取るより直接受け取る事ができる店舗がある場合そちらの方が都合が良いと考えるかもしれません。

その場合に、直接受け取りができる店舗情報を提供し、

そこに広告主のレンタル会社が含まれているとすれば自信を持っておすすめする事ができ、ペルソナAも成約する可能性が高まります。

このように、ペルソナから入手できる情報を元に必要な情報を適切な形で提供できれば良質なコンテンツページとして機能していると言えます。

検索順位を上げるためには、ターゲットを限りなく明確(ペルソナ設定)にして、良質なコンテンツを作ることが重要

取り入れたい一工夫

あくまでペルソナに適したコンテンツページを作成する事は重要ですが、

あくまで作成したWebサイトを活用して貰わなければそのコンテンツページは生かされません。

そこでできる一工夫として、ニッチなスモールキーワードに着目するという事です。

ついつい検索数が多いキーワードに着目してしまいがちですが競合とぶつかる程集客は時間がかかり難航します。

ニッチ、つまり競合が目をつけないようなスモールキーワードをしっかり抑えることで、

数は少なくても一定数の集客を獲得する事ができます。

初期にペルソナの要望にしっかり応えていく事で、あなたのWebサイトも気づいた頃には良質なWebサイトになっている事でしょう。

まとめ

アフィリエイトでお金を稼ぐ事は以前と比べると難しく大金は稼げなくなっています。

しかし、仕組みが整えば時間をかけずにサラリーマン以上のお金を安定的に得られる可能性はまだ十分にあります。

また、アフィリエイトで稼ぐには、現在広告を使用し過ぎず検索順位を上げ集客を見込む事がある程度必須です。

検索順位を上げるためには結局、良質なコンテンツをコツコツと積み重ねていく必要がありますが積み重なった先に待っているのは自由です。

サラリーマンという働き方だけに囚われず自由を求めて新たな働き方に踏み入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • アフィリエイトで、サラリーマン以上のお金を安定的に得られる可能性はまだ十分にあります。
  • アフィリエイトで稼ぐには、良質なコンテンツをコツコツと積み重ねて、検索順位を上げ集客を見込む事がある。

今回も記事を最後まで、読んで頂きありがとうございました。また、次の記事で会いましょう!

-副業

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.