家電

エアコンの故障を防ぐ方法とは

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回はエアコンの故障を防ぐ方法について話していきたいと思います。

夏も冬も使うから壊れたら困るよね。

ケロくん

エアコンの故障を防ぐ方法とは

家庭で必ず設置される空調家電の代表格といえば、エアコンが存在します。

夏の暑いときは涼しさを、冬の寒いときは暖かさを与えてくれる家電製品で我々の生活でもお馴染みです。

ただエアコンはしょっちゅう使う真冬・真夏のシーズンがあると思えば、あまり使わない春や秋のシーズンがあります。

ではこうしたエアコンに故障を防ぐ方法はあるのでしょうか?

またどういった故障が存在するのでしょうか?

結論から言えば、

エアコンに故障を防ぐ方法

なるべく故障を防ぐ上ではいきなり稼働をさせるよりも定期的にコンスタントに稼働をさせること。
その理由はエアコンの心臓部分である圧縮機の稼働がスムーズになるからとなります。

またオーソドックスな故障パターンは以下のようなものがあります。

故障パターン

一般的な事で、冷えない・暖まらないを始め、電源を入れても稼働しないなど

エアコンの仕組み

まずエアコンには壁掛け用のタイプであれば、室内機と室外機の2つが存在します。

室内機には熱交換器・ファン、室外機にも熱交換器・ファン・圧縮機が存在し、電源を入れると圧縮機と室内外のファンが回転します。

室内機と室外機には配管が繋がっており、その配管内には冷媒が循環をしています。

まず冷房の場合は圧縮機が冷媒を圧縮することで高温の気体になり、室外機の熱交換器でファンによって冷やされて高温液体になり、減圧弁で減圧されます。

減圧と共に低温液体になり、それが室内機のファンにより熱い空気の熱を奪い、冷たい風が出る仕組みになります。

暖房の場合は、冷房とサイクルが逆になりますが、冷房の場合は室外機側で暖かい風が出ていたのが、今度は室内機側で暖かい風が出る様になります。

冷媒の中温気体は外の熱交換器で冷媒が外気から熱を吸熱することで作られ、圧縮機によって高温高圧気体になります。

それが室内熱交換器でファンによって取り込んだ空気に熱を放熱し、温風がでます。その後、熱を奪われたことで中温液体になり、それがさらに減圧され低温液体、それが室外機の熱交換器で吸熱する流れです。

エアコンを稼働させますと

冷房の場合

室外機→暖かい風  室内機→冷たい風

暖房の場合

室外機→冷たい風  室内機→暖かい風

冷房のサイクルの方向を変えるだけで、冷暖房に対応することができます。

原理的には比較的に簡単であり、理解しやすいのも特徴になります。

故障が発生しやすい箇所

エアコンで故障が発生しやすい箇所は決まっており、よくあるのが冷えない、暖まらないです。これに関しては2ケースが考えられます。

  • 配管内の冷媒が漏れてしまい、蒸発してしまったケース
  • 圧縮機が空回りしていて圧縮不能のケース

特に多いのが配管の漏れで、配管は銅管で出来ていますが、鋭利な物で突くと簡単に穴が空きやすいです。そのため微細な穴が空いてしまうとそこから徐々に漏れることがよくあります。

当然、配管に冷媒ではなく空気が循環することになるため、全然、暖まらなかったり、涼しくならなかったりするわけです。

さらに配管同士を繋ぐジョイント部分がありますが、その締めが甘かったり、ナットをキツく締め付けてしまうとナット割れを起こし、そこから冷媒が漏れてしまう場合も存在します。


何回もガスを注入しても同じ冷暖が利かない症状になりますので、根本的にガス漏れ箇所を探すことが肝要です。

また圧縮不能も多く、圧縮機本体の稼働が一切しない状況になり、その場合は溶接にて圧縮機の交換を行う必要があります。

圧縮異常はリモコンなどでもエラーが表示されるので、各メーカー独自のエラーコードで診断を行うことも可能です。

他にもよくある故障は、ルーバー異常でルーバーの根元の差し込みが欠けてしまうことで起こります。

さらにルーバーを動かすモーターが存在し、それが故障して稼働しないことでルーバー異常になる場合もあります。

電源を入れて室外機や室内機が稼働をしない場合は、リモコンで起こる通信エラー・過電流異常などが表示される場合もあります。

それはほとんどが基盤であり、室外基盤か室内基盤を交換することで対応することが可能です。

大抵はリモコンでエラーが表示されるので、マニュアルでその意味を解析することで原因が解り、それに対応した部品を交換することで修理ができます。

製造年月日やメーカーによって、故障のしやすさや頻度も違ってくることも多いです。

故障を防ぐ方法を解説

故障を防ぐ方法

定期的にエアコンを稼働させることが重要です。

その理由には、室外機は圧縮機が配置され、それは冷媒を循環させる心臓の様な役割をするからです。

その内部構造を見ると、シリンダーが油で浸されており、その油が長く動かさないと酸化や固まってしまう可能性があります。

固まらないまでも粘着を持つケースも多いので、シリンダー自体が上手く動かないケースも存在します。

こうしたシリンダーが動きにくいと負荷をかけてしまうので、そのまま電気的な過電流ショートに繋がることも多いです。

過電流は基盤などの様々な電気部品の大敵であり、これを防ぐことが故障を防ぐことに直結します。

またファンに蜂の巣がいつの間に出来ていて、ファンを回転できずに過負荷状態になったまま基盤がダメになったケースも過去には存在します。

他にも室外機側は雨に打たれたり、落雷などの被害で故障もあり、なるべく雨の当たらないところに設置する、さらには設置では落雷対策を行うことも重要です。

まとめ

以上のことから、エアコンの故障を防ぐ方法では定期的にエアコンの起動をかけることが重要です。

エアコンの故障を防ぐ方法

定期的にエアコンの起動をかけることが重要

よく修理の現場では、全然利用していないのに、久しぶりに起動をかけたら壊れたという事象も多く、使っていないのに故障するのオカシイだろうと言われる方がいます。

実は定期的な稼働をしないこと、これは過電流が生じやすい要因が揃っております。

また室外機は外に設置してあり、設置場所によっては湿気や霜が多いなどの壊れやすい場所にある場合も多いです。

またファンの部分には蜂が巣をつくったりして、殺虫剤を徹底的に振りかけたことで室外基盤がダメになったという事象も存在します。

定期的に稼働が難しい場合は、室外機カバーで覆っておくなどの対策をとり、稼働をさせる場合には、一度、室外機ファンを手動で回転させ、問題がないことを確認して稼働させると良いでしょう。

-家電

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.