スポーツ

【初心者向け】野球のバッティングスキルが上がり失敗しない構え方とは?

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回はバッティングスキルを上げる方法について解説しています

これでホームランが打てる

ケロくん
  • 「どういう構えをしたら野球の技術が上がるのか分からない」
  • 「初めたばかりで中々構えが固まらない」

上記の悩みを抱えてる方も多いでしょう。

バッティングの大元の基礎となってくるのが「バッティング技術が向上する理想の構え」を構築する事が上達する上でとても大切になってきます。

構えが中々定まっておらず構築できてないと、

  • ボールが当たらない
  • スイングが向上しない
  • 鋭いバッティングができない

など中々上のステップへ上がっていけません。

この記事ではまずはバッティングフォームを構築する上で入りとなる構えで意識する事やスキルを紹介します。

この記事を見終わった後には構えに関しての悩みが消え行動に移す事ができるでしょう。

そしてバッティングが楽しくなり野球のスキルが上達する事間違いないです。

構えの基礎

構えをする時に大事なのは全身の力みをなくす事です。

全体に力みが入った状態の構えだと固くなり思ったようなスイングが出来なくなります。

リラックスした状態で構えピッチャーからの投球を待ちましょう。

ただ、力を入れすぎないのもボールの力に負けてしまうので筋力を活かす部位と意識する部位があります。

それは下半身の筋力を活かし意識する事です。

下半身が上半身を支えてるので下半身は上半身以上にとても力があります。

その力を活かさないバッティングはかなりもったいないです。

下半身の力を上半身に伝わる構えをする事によりバッティングは向上します。

理想の構えをするコツとは?

下半身編

・バッターボックスに立った時の足の配置

まずは足元を整備します。

足元の配置をどうするかにより打ち方も変わってきます。

理想的な構えをする為には足元を平行して構えをする事です。

そうする事でスイングした時に下半身から上半身にスムーズに力が伝わり、

インコースやアウトコースなどどのコースに来ても平均的に打ちやすくなります。

例えばよくプロの選手が構えをする時にピッチャー側の足を外側に広げたり、内側に出したりしてますが、

それは何年も積み重ね実践を繰り返し結果を出しやすい独自の方法論なので最初は真似せず基本に忠実である事が理想の構えをするコツです。

独自の方法は試行錯誤を繰り返しながら野球の技術が向上してからでいいです。

まずは右足と左足両方とも平行にしてバッターボックスに立つ事が理想の構えのコツです。

・バッターボックスに立った時の足を広げる幅

バッターボックスに立った時に足を広げる幅も大事になってきます。

肩幅程度に足を広げて構えるのが理想で基本になります。

なぜかと言うと実際にバッティングでスイングする時は軸足とは反対の足を少し前に踏み込んで打ちますが、

肩幅程度の幅から踏み込むのが一番リラックスして身体に余計な力が入らないです。

尚且つ下半身から上半身にしっかりと力が伝わるので打撃も向上します。

なので肩幅程度の幅が理想です。

上半身編

・グリップの握り方

「バットのグリップの握り方と構えは関係ない」と思う方も多いかもしれません。

ですが細かいところになりますが実はバットの握り方の違いで構えにも影響してきます。

「どういった握り方が理想なのか?」と言うとフィンガーグリップです。

フィンガーグリップとはバットを持った時に指の第二関節から指の付け根で握る方法です。

これにより構えをした時に余分な力が入らないのでリラックスできます。

なので理想的な構えに近づきます。

・グリップの高さはどれぐらいの高さが理想なのか

グリップの高さは肩の高さと平行してグリップを置いた構えが理想です。

前述で述べた下半身と同様でグリップの位置が高すぎても低すぎても余計な力が入りぎこちないスイングになるのでグリップは肩の高さと平行が一番リラックスできる構えです。

・バットの角度はどれぐらいの角度が理想なのか

バットの角度は45度の角度の位置で構えるのが理想です。

なぜなら、スイングする時に余計な力が身体に入らずスムーズにバットが振れるからです。

バットの角度は45度程度が一番最適な位置です。

まとめ

「理想の構えとはどうゆう構えか?」を深掘りしていきましたが中身の内容としては今からでも明日からでも行動に移せるでしょう。

今日や明日からの野球の練習をする時などでこの記事の内容を実践してみてください。

たくさん知識やスキルが出てきましたが一番伝えたいのは、

「理想の構えとは余計な力を入れず自分が一番リラックスした状態で構える事ができる」事です。

リラックスした状態で構える事によりバットとボールに力が伝わり、

  • 鋭いスイングができる
  • 速い打球が打てる
  • 遠くに飛ばす事ができる

上記の3点が叶います。

この3点から分かる事は構えの出来次第でこの後のバッティングの結果も変わってくるのです。

この記事を見た方は【野球が初心者の方で構えに悩んでる方】や【これから野球を始める方で構えを勉強してる方】が多いでしょう。

バッティングについてもっと詳しく知りたい人は下記の記事が参考になります。

>>初心者向け!バッティングのスイングのトップを作る為の方法!

バッティングの最初の入りである構えを理想形にする事により今後の野球人生が華々しくなるのでこの記事から学んだ事今日からでも明日からでも実践していくといいです。

-スポーツ

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.