知識 脳科学

脳に悪い7つの習慣【辞めるだけでビックリするほど良くなる脳のパフィーマンス】

どうも!みっちゃんです。

今回は脳医学者の林成之さんの著書「脳に悪い7つの習慣」という本をご紹介させて頂きます。

脳に悪いことはしたくない、逆に脳に良いことは知りたい。そんな方はこの記事を読んでいただければ、

脳に悪い習慣を良い習慣に変える方法が分かりますので

みっちゃん

本日の記事もお楽しみください

最初に結論を言うと、脳に悪い7つに習慣は以下の7つになります。

7つの悪い習慣

  1. 「興味がない」と物事を避ける
  2. 「嫌だ、疲れた」と愚痴
  3. 言われたことをコツコツ
  4. 常に効率を考える
  5. やりたくないのに我慢して勉強
  6. スポーツや絵に興味がない
  7. めったに人を褒めない

と言うわけで、この記事では、なんで?この7つの行動が脳に悪いのかを以下の順番で解説していきます。

ポイント

  1. 脳の3つの本能
  2. 脳の仕組み
  3. リフレーミングとは

みっちゃん

これから詳しく解説させていただきます。

それでは参りましょう!

脳の3つの本能

脳の3つの本能とは、以下の3つになります。

ポイント

  • 生きたい
  • 知りたい
  • 仲間になりたい

意外とシンプルなんだね

ケロくん

全ての生物の目的は超シンプル種の存続と繁栄、つまり生きるということ

この目的を達成させるために脳を発達させたのが、私たち人間なわけですから、この脳の目的も生きることです。

そして、人が生き残るために必要だったのは、あらゆる知恵を知ることと他の個体と仲間になること。

そう言うわけで著書の林先生は脳の3つの本能を生きたい、知りたい、仲間になりたいの3つだとしています。

そして、この脳の3つの脳の本能に従って脳を喜ばせてあげることで、人の脳パフォーマンスを上がるといいます。

つまり、衣食住を安定させることで生きたいと言う欲求を満たす。

何事にも好奇心を持って知ろうとすることで知りたいと言う欲求を満たす。

いい人間関係を築くことで仲間になりたいと言う欲求を満たす。

このように脳の3つの本能に従うことで脳は喜び、脳の働きが良くなると言うことです。

林先生はこう言います、頭がいい人とは何に対しても今興味を持ち積極的に取り組める人のこと

と言うわけでここからは脳の3つの本能のうち知りたいと言う本能について掘り下げて行きます。

脳の仕組み

結論から言うと、私たちが好きなことや、ためになると思うことに対しては、

積極的に食いつき、理解力や記憶力を発揮する、しかも疲れない、と言う仕組みになっています。

その仕組みを説明しようとすると、大脳皮質神経細胞が認識した情報がA10神経群に到達して・・・・・みたいなややこしい話になるので、

ここでは省略しますが、簡単に言えば、「好き!とか、これはタメになる!」と言う感情がまさしく知りたい本能のスイッチをONにします。

つまり、好きだからこそ、またはタメになると思うからこそ脳の知りたいと言うスイッチが入り、理解力や記憶力がアップするし、

しかも脳は疲れ知らずでどんどん情報に食いつくということ。

好きこそ物の上手なれ(好きなことは自然に上達する)というこのことわざは脳の仕組みから見て正しいということです。

リフレーミングとは

リフレーミングとは、物事を別の枠組み捉え直すことです。

例えば、上司に仕事を任された、めんどくさいなー。。だけど、この仕事を通してまたレベルアップできるし、上司もきっと感謝してくれるだろう。

というように物事を別の側面から捉え直します。もうお気づきだとは思いますが、このようなリフレーミングを生活に取り入れる、

つまり、物事のいいところや自分のためになりそうな点を探して好きになろうとすることが大事なんだということ。

リフレーミングにより脳は喜び、パフォーマンスを上げてくれます。

先ほど頭がいい人とは、何に対しても興味を持ち、積極的に取り組める人のことだといいましたが、

おそらく、そのような人たちは、リフレーミングするのがめちゃめちゃ上手で、

いつもリフレーミングするのが習慣になっている人なんだと思います。

頭の良い人たちは、何にでも興味を持って
興味を持った物の良いところやタメになる部分を探すのが上手いんだね

ケロくん

まとめ

脳の3つの本能

  • 生きたい
  • 知りたい
  • 仲間になりたい

本能に従って、脳を喜ばせることで脳の働きが良くなります。

特に知りたいについては、好き!とかこれはタメになる!という感情がスイッチになります。

ですので、いかに上手に物事をリフレーミングして好きになることや、タメになることを探せるかが大事ということでした。

ここまでの記事を読んでくださった方は冒頭で紹介した脳に悪い7つの習慣がなぜ脳に悪いのか!かが分かると思います。

では、最後に脳に悪い7つの習慣を脳に良い7つの習慣にリフレーミングして終わりたいと思います。

ポイント

  • 「興味がない」と物事を避ける
    →何事にも興味を持って関わっていく
  • 「嫌だ、疲れた」と愚痴を言う
    →「好き!まだまだいける!」などのポジティブな言葉を使う
  • 言われたことをコツコツやる、やりたくないのに我慢して勉強
    →主体性を持って自ら進んで取り組む
  • 常に効率を考えている
    →一見無駄そうなことからも発見がある
  • スポーツや絵に興味がない
    →スポーツや絵にも興味を持つ
  • めったに人を褒めない
    →たくさん人を褒める

今回は林成之の著書「脳に悪い7つの習慣」という本をご紹介させていただきました。

脳に悪い習慣を辞めて、脳に良いことをしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今回の記事があなたの人生に役に立てれば幸いです。

最後まで私のブログを読んでくれてありがとうございます。

-, 知識, 脳科学

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.