ガジェット

【格安スマホ】は本当にお得?お得になる人はこんな人!?【徹底比較】

こんにちは、みっちゃんです。

今回こんな悩みを解決していきたいと思います。

格安スマホってよく聞くけど、
僕も安くなるのかな??

ケロくん
みっちゃん

そうだね。
誰でも格安スマホにしたら安くなるって訳でもないから
一緒に安くなるのかみていこう!

最近CMなどのよくY!mobileやUQ モバイル、LINEモバイルなどの格安スマホを耳にする事が多いはずです。

よく聞くけど本当に格安なのか疑問に思う方は多いのではないでしょうか?

月のスマホ代は意外と結構な額が掛かっています。

だからといって料金は安くなっても使い勝手が悪くなってしまっては元も子もありません。

今回は、格安スマホに乗り換えることでお得になるのか、

そのメリットを最大限に受けることができるのはどのような人なのか詳しく調べてみました。

最後まで読んで頂ければ、スマホの見直しを行う際にきっと役に立つ知識を得る事ができます。

格安スマホはお得なのか?

格安スマホで契約することでどのくらい料金は安くなるのかというとプランによって変わりますが、

だいたい月額で2,000円以上安くする事ができ、年間にすると24,000円以上お得です。

株式会社ICT総研の調査によると日本の平均的なスマホ料金は、約6,400円という調査結果があります。

三大キャリアの料金と比べてみよう

平均の場合、格安スマホにすると月額料金が4,000円に抑える事ができますね。

では、実際に三大キャリア(docomo、au、SoftBank)の料金で見た場合にどのくらい安くする事が出来るのか見てみましょう。

条件として、機種代・キャンペーン割引を含まずにスマホの料金だけで比較をしてみます。

docomoの場合

料金プラン:ギガライト(7GBまで使い放題)、かけ放題付

月額料金:8,448円~

参考元:docomo公式サイト おてがる料金シミュレーションより

auの場合

料金プラン:ピタットプラン4G LTE(7GBまで使い放題)、かけ放題付

月額料金:6,280円~

参考元:au公式サイト スマートフォン料金プランシミュレーションより

SoftBankの場合

料金プラン:ミニフィットプラン(5GBまで使い放題)、かけ放題付

月額料金:6,358円~

参考元:SoftBank公式サイト 料金シミュレーションより

三大キャリアの場合、安くても6,200円以上の費用が掛かってしまいます。

では、格安スマホの場合はどうでしょうか?

ここでは代表的な格安スマホと言われるY!mobileUQモバイルで比較してみます。

条件は、三大キャリアと同じで機種代・キャンペーン割引を含まずにスマホの料金だけで比較をしてみます。

Y!mobileの場合

料金プラン:プランM(10GBまで使い放題)、かけ放題付

月額料金:4,680円~

参考元:Y!mobile公式サイトより

UQモバイル

料金プラン:スマホプランR(10GBまで使い放題)、かけ放題付

月額料金:5,140円~

参考元:UQモバイル公式サイト料金シミュレーションより

GB数の違いはありますが、

1GBあたりで考えるとかなり安くなります。

料金も安くできて使用できるGB数を多くなるのはメリットですね。

そもそも格安スマホとは?

格安スマホを契約する事でスマホ代を安くする事が出来ることはわかりました。

しかし、そもそも格安スマホとは何!?と思う方も多いはずです。

ここで改めて格安スマホとはどういうものなのか詳しく見てみましょう。

格安スマホとは、大手キャリアと比べて安く利用を行う事が出来るスマホのことを言います。

そこで「なぜ料金を安くする事ができるの?」と疑問に思うはずです。

安くする事ができる理由は、自分の回線設備を使用せず、

大手キャリアの回線設備を借りている事で料金を安くする事が出来ています。

回線設備への投資を無くす事で料金自体を安くする事ができ、

店舗を持たずにネットなどで契約をするため、

店舗の人件費を削る事で安い料金を実現できました。

簡単に格安スマホのメリット・デメリットをまとめると下記になります。

格安スマホのメリット

  • 料金を安くする事ができる
  • 使いたいスマホをSIMフリー化する事でどこの会社でも利用ができる

~格安スマホのデメリット~

格安スマホのデメリット

  • 通信速度がキャリアスマホに比べて遅い場合がある
  • 利用可能なGB数に上限がある

メリットは何と言っても料金を安くする事ができることです。

今、政府の考えとして「日本のスマホ代が高い」という事で、

総務省より各事業会社へ料金を下げるように言っていますが、

それでも格安スマホが安い事に変わりはないです。

デメリットとして、必ず押さえておいて頂きたいのが“通信速度がキャリアスマホに比べて遅い場合がある”です。

どのくらい遅くなるのと思いませんか?

どうしても大手キャリアの回線を借りている状況なため速度が遅くなってしまう場合があります。

特に、スマホを利用する方が多い時間帯では速度が遅くなってします。

格安スマホの会社を選ぶ際にも重要になる点なのでデメリットが最小限になるようにしましょう。

格安スマホに乗換へするべき人はどんな人?

スマホ代を安くする事ができる格安スマホには、

メリット・デメリットがある事は分かって頂けたはずです。

誰でもが、格安スマホが向いている訳ではありません。

では、どのような人が格安スマホに乗り換えるべきなのでしょうか?

格安スマホに乗り換えるべき人

  • 速度などにこだわりがなく、使えればいいと考えている人
  • 月に使用するGBが極端に多くない人
  • 特にこだわりもなく三大キャリアでの契約を続けてきた人

格安スマホに乗換を行って使い勝手が悪くなっては意味がありません。

外出先でツイキャスなどの配信を行うなどの場合や、

wi-fiがない状況で動画をストリーミングするなどの場合は、

すぐに容量を使い切ってしまい通信が遅くなってしまいますよね。

格安スマホに乗換えを検討している方は、

現在の自身の利用状況などを確認した上で、

各サイトにあるシミュレーションをして今と比べてどうなのかを確認する事をお勧めします。

格安スマホのオススメ会社

格安スマホに乗り換えを行いたいと考えているけどもどの会社にして良いのか悩みませんか?

それもそのはずで!!

格安スマホとして、安い料金プランを提供してる会社は200社近くあると言われています。

「えっ⁉︎そんなにいっぱいあるのか」と思いますよね。

そんなにたくさんある中でも特に検討をオススメする5社を紹介します。

Y!mobile

Y!mobileはSoftBankが提供している格安スマホです。

速度が高速でSoftBankと変わりがない環境で使用する事ができ、

通信速度が遅いとストレスを感じる事はありません。

プランも三種類あり、3GBのS、10GBのM、13GBのRと自分の使用状況により選ぶ事ができるのはメリットです。

特に、今がSoftBankの方は通信環境が変わりにくく、

ネット回線をSoftBankで契約をしている場合は、さらに割引を受ける事が出来ます。

Y!mobileをプランMで契約をした場合割引などの適用があって、

月の料金が“3,680円~”使用できるとなるとかなりスマホ代を節約する事が出来ます。

UQモバイル

UQモバイルはauから提供されている格安スマホです。

2020年10月に親会社のKDDIと経営統合をした事で

auのサービスを同等に受ける事が出来ます。

回線もauの環境を使用しているため通信速度も申し分がありません。

プランは3GBまでのS、10GBまでのRの二種類です。

オプションとして、かけ放題を月額1,700円で利用できるため、

電話メインの使用の場合でもかなり料金を押させる事が出来ます。

また、WIMAXと合わせて契約を行った場合はGB容量を気にせず利用することも可能です。

その場合、スマホ・ルーターで従来のキャリアで契約していた時の料金とさほど変わりなく使用することできます。

LINEモバイル

今最も勢いのある格安スマホと言っても良いのがLINEモバイルです。

今では、連絡手段の主流になっているLINEが提供しているためLINEの通信料は無料です。

基本的に連絡手段はLINEしか使っていませんという方にはオススメです。

オプションでSNSデータフリー(月額:280円)をつければTwitter・Facebookの通信料まで無料になり、

さらにSNS音楽データフリー(月額:480円)をつけると、

Twitter・Facebookに加えてInstagramまでも通信料がかからなくなるのはびっくりです。

OCNモバイル

NTTが提供しているOCNモバイルは手堅いサービスに評判があります。

料金プランが1GB~30GBまでの6プランあることも魅力の一つです。

ネット回線をNTTで契約をされている方は更に割引を受ける事も可能です。

NTTが提供する格安スマホのため、docomoの回線を使用していることも特徴の一つです。

そのため、通信環境が不安な方も安心して使用を行う事できます。

BIGLOBEモバイル

BIGOLOBEモバイルはauとdocomo二つの回線から選ぶ事ができ、料金プランが豊富にあります。

YouTubeをよく見ている方に特にオススメしたいです。

オプションプランとしてエンタメフリー・オプションを利用すると、

YouTubeの通信が実質無料で使う事ができるのはメリットではないでしょうか?

オススメの5社を紹介させて頂きましたが、各社メリットはたくさんあります。

特に乗換半年間割引を受ける事ができる会社も多くあるので、

そこも選定の基準にしてみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は格安スマホに乗換えることのメリットとオススメの会社を紹介させて頂きました。

今では生活に無くてはならないとスマホですが、

必要経費と言って料金の見直しなどを行わないままでいるとかなりの支出をしています。

昔に比べて通信環境はかなり良くなってきています。

この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

格安スマホに乗換えることで年間10万以上も料金を減らす事ができる場合もあるので考えてみるだけも良いはずです。

三大キャリアで契約を続ける場合も定期的に料金プランを見直しを行うことも大切です。

ライフスタイルを考えて格安スマホへの乗り換えも検討をしてみてください。

今回も記事を最後まで、読んで頂きありがとうございました。また、次の記事で会いましょう!

-ガジェット

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.