その他

コロナ禍のクリスマスを子供たちとどう過ごす?【2つの工夫】

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

クリスマスを楽しく過ごすための工夫を話すね。

わーい!

ケロくん

新型コロナウイルスの感染が拡大していることにより、学校行事や外出・イベントなどは中止!

子供たちも楽しみが少なくなっているのが現状です。

そんな中、子供たちにとって1年で最大のイベントの『クリスマス』が間もなく到来します。

そこで今回は、コロナ禍でも子供たちが楽しめるクリスマスの過ごし方をご紹介いたします。

プレゼント

まず、子供たちが最も楽しみにしているのがプレゼント。

今年はコロナ禍により、子供たちは我慢していることが多かったはずです。

ですから、今年は予算をオーバーしても、欲しいものを買ってあげることをオススメします。

また、家の中でみんなで楽しめる物をプレゼントすることで、「遊ぶことができない」というストレスも解消できますね。

ちなみに年齢や男女は関係なく、今年人気のプレゼントとして挙げられているのは、「鬼滅の刃」のキャラクタートイ。

今年は友達と遊ぶことができなかったけれど、人気のおもちゃを持つことにより、子供たちは「自分もみんなの仲間に入ることができている」という安心感を持ちますので、ぜひプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

さらに、「高齢者に感染を広げないように」と多くのメディアで呼びかけられているため、今年は帰省しておじいちゃん・おばあちゃんに会うのもはばかられている状況です。

ですから、今年はおじいちゃん・おばあちゃんにもサンタさんになってもらい、お年玉の代わりにプレゼントを贈ってもらうと子供たちも大喜びですね。

今年のクリスマスプレゼントのポイントは、次の項目を押さえておきましょう。

まとめ

  • 我慢することが多かったので、予算をオーバーしても欲しいものを買ってあげる
  • 家の中でみんなで遊べる物や人気のおもちゃを選ぶ
  • おじいちゃん・おばあちゃんに、お年玉の代わりにプレゼントを贈ってもらうのも良い

家での過ごし方

そして、楽しく過ごすにはプレゼントだけでなく、家での過ごし方も重要です。

まず、普段の日常と雰囲気を変えることが、子供たちも張り詰めた我慢の雰囲気から解放されるので重要になります。

ですから少しでも明るく楽しい空気になるように、自宅をクリスマスムードに装飾してみてはいかがでしょうか?

少し大きめのクリスマスツリーにプレゼントやサンタなどの細かいパーツを飾ったり、シリコン製のサンタ・ツリー・トナカイなどのシールを窓ガラスなどに貼り付けたりすると、クリスマスの雰囲気が出ますね。

また、スワロフスキーでできたクリスマスジュエルを部屋や玄関に置くのも良いでしょう。

そして自宅の雰囲気だけでなく、食事も工夫してみましょう。

今年は外食をすることもためらってしまう1年でしたので、豪華な物や子供たちの好きな物を堪能することもあまりなかったはずです。

ですから、子供たちが好きだけれど普段は高価でなかなか食べる機会のない物を献立に取り入れ、少し贅沢なイブとクリスマスを過ごすと良いでしょう。

さらに、豪華なケーキを買って食べるのも良いですが、家にいる時間が長くなっているので、家族みんなでケーキを手作りするのも親子の絆が深まって良いですね。

とはいえ、やはり今年は休校も多くて友達にも会えない日々が続いたので、「クリスマスは友達と過ごしたい」と感じている子供たちも多いでしょう。

そんな時は周りの大人も協力してあげて下さい。

スマートフォンやタブレットでお友達のおうちと繋ぎ、オンラインクリスマス会を企画してみると良いですね。

クリスマスにちなんだ音楽を流しながら歌を歌ったり、事前に数字の書いたカードを準備して、クリスマス会の定番であるビンゴゲームをしたりすることができますね。

また、会の中でケーキを食べながら画面越しにお互いのケーキを見せ合うことも、お互いのおうちの知らない一面が分かって盛り上がりそうです。

さらに、オンラインクリスマス会でもプレゼント交換はできます。

事前に会を開く日にちと時間を決めておき、その日までに参加するメンバーにプレゼントを贈って、みんなで会の中で開けるというのも、その場でプレゼント交換をしているような雰囲気になるのではないでしょうか?

家でのクリスマスの過ごし方は次の3つがオススメです。

まとめ

  • ツリーやクリスマスジュエルを飾って、自宅をクリスマスムードにする
  • 豪華な食事や手作りのケーキで、いつもよりも贅沢なイブとクリスマスを過ごす
  • お友達とオンラインクリスマス会を開き、ビンゴゲームやプレゼント交換などを行う

まとめ

コロナ禍でも子供たちが楽しめるクリスマスの過ごし方を考えるには、次の2つを工夫してみましょう。

まとめ

  • プレゼントは、子供たちの我慢していたストレスを解消させる方法を考える
  • 普段の日常とは雰囲気を変え、おうちで楽しく過ごせる方法を考える

様々な場面で自粛を余儀なくされ、悲しみやストレスを抱えている子供たちにとって、周りの大人からのサポートは必要不可欠。

「今年は仕方ない」という言葉で全てを片付けてしまうのではなく、「おうちの中でも楽しめることはないかな」と考え、できる限り最大の努力を尽くしてあげて下さい。

一生懸命努力すれば子供たちにもきっと伝わり、家族にとって今年のクリスマスもかけがえのない思い出となるでしょう。

AFFINGER5はこちらから

-その他

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.