その他

小学生の子供に留守番を頼む時の注意点【5つのチェックポイント】

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は小さい子のお留守番日ついて話していきたいと思います。

お留守番には色んな危険が潜んでいるよね

ケロくん

子供が小学生になると、「もう小学生なんだから留守番くらいできて当たり前」と軽く考え、長時間にわたって家を空けていませんか?

実はそれって期待過剰な判断で、家の中にはたくさんの危険が潜んでいるのです。

そこで今回は、小学生の子供に留守番を頼む時に、注意すべき5つのチェックポイントをお伝えいたしますので、事前に確認しながら子供としっかり話し合ってみて下さい。

キッチン

まず、最も危ない場所とされているのがキッチンです。

なぜなら、キッチンには包丁やナイフ、湯沸かしポットなど、危険性の高い物がたくさん置いてあるからです。

ケガややけどの原因になる物を子供の手の届く場所に置いていないか、今一度チェックしてみて下さい。

もし、留守番中にお腹が空いたり喉が渇いたりしても、誤った使用方法がやけどやケガに繋がる可能性がありますので、湯沸かしポットや電子レンジ、ガスコンロなどを使わせてはいけません。

ペットボトルに入った飲み物や、加熱をしなくても食べられる菓子パンなどを準備しておき、キッチン用品を使わないことを、『留守番前のお約束』として、子供に話しておくことが重要です。

まとめ

  • やけどやケガの原因になる物を、子供の手の届く場所に置いていないか確認する
  • 加熱調理を加える必要のない食べ物・飲み物を準備しておく
  • キッチン用品を使わないことを、留守番前に子供と約束しておく

浴室や洗面所

次に危険な場所とされているのが、浴室や洗面所です。

なぜなら、洗濯機や浴槽に入って遊ぶ可能性があるからです。

浴槽に水があると、誤って入った際に溺れてしまう可能性もありますので、溜めているお湯や水は抜いておきましょう。

また、洗濯機は蓋が開かないように、チャイルドロックをかけておくことをお勧めします。

まとめ

  • 浴室や洗面所は、入って遊べそうな物があるので危険
  • 浴槽に溜めている水やお湯は抜いておく
  • 洗濯機にはチャイルドロックをかけておく

部屋の中

3つ目は、部屋の中を確認しましょう。

部屋の中にはタンスや本棚などの大きな家具があり、子供は上って遊ぶ可能性があります。

ですから、家具に上って遊ばないことも、『留守番前のお約束』にしておきましょう。

それだけでなく、お化粧品や整髪料で遊ぶ可能性もあります。

お化粧品が服や床に付着すると落ちにくいですし、薬品が口に入るのも危険ですので、見えない場所に隠しておくと安心です。

まとめ

  • 大きな家具に上って遊ばないことを、留守番前のお約束としておく
  • お化粧品や整髪料などは、子供の目の届かない場所に隠しておく

ベランダや窓

4つ目は、子供がベランダに出ないように、窓の施錠ができているかを確認しましょう。

そして、脚立や踏み台など、窓やベランダに届くような足場になる物を、子供の近くへ置かないことにも注意が必要です。

とはいえ、ソファーやベッドに足をかけて窓を開け、ベランダの室外機を足場にして外に出てしまう可能性もありますので、窓を開けないことも『留守番前のお約束』にすると良いですね。

まとめ

  • 窓は必ず施錠する
  • 足場になる物を子供の近くに置かない
  • 留守番前に、窓を開けないように言い聞かせておく

インターホンに注意

そして、最近ではガス点検や宅配業者を装って自宅に侵入する悪質な事件が増えています。

そのため、インターホンが鳴っても不用意に対応しないことを約束しましょう。

仮に来たのが子供の友達であっても、この約束を緩めてはいけません。

なぜなら、留守番中に家に入れて子供だけで遊んでいると、前述に紹介した4つの危険からやけどやケガに繋がる可能性があるからです。

それに、他人の子供まで危険に巻き込むことになるのですから、責任を取るように攻められ、親御さん同士の関係が悪くなるのもできれば避けたいですよね。

それだけではありません。

最近は誘拐や殺人事件も多発している物騒な世の中になっていますので、友達が来ても留守番中には遊びに行かないように注意することも大切です。

まとめ

  • インターホンには対応しない
  • 友達が来ても、留守番中には家に入れたり遊びに行ったりしないことを言い聞かせる

まとめ

小学生の子供に留守番を頼む時に注意すべきポイントは次の5つです

まとめ

  • キッチン
  • 浴室や洗面所
  • 部屋の中
  • ベランダや窓
  • インターホン

普段、大人は何の問題もなく、普通に生活を送っている家の中であっても、小学生の子供が留守番をするとなれば、危険な点は盛りだくさんです。

留守番を頼む日には時間に余裕を持ち、直前に家の中をくまなく確認し、子供としっかり話し合ってから出かけましょう。

そして、「もう小学生だから大丈夫」と、自分の子供を過信しすぎないようにして下さい。

実は小学生って家具や調理道具など、色々な物に興味津々で、ついつい触ってしまう可能性があるので最も危険なのですよ。

初めての留守番は時間を短めにし、少しずつ伸ばしていくと安心ですね。

-その他

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.