心理 知識

【幸せ】幸せになりたい人必見!幸せな人の特徴を紹介します!

こんにちは!みっちゃんです。

今回はこんな悩みを解決していきたいと思います。

幸せになりたいいんだけど、
幸せになるために必要なものってあるの?
結局、お金があった方が幸せなのかな?

ケロくん
みっちゃん

確かに、お金があった方が幸せという人もいるかもしれないね。
でも、今回はお金の話は抜きに幸せな人の特徴を伝えていきたいと思います。
それでは、解説していくね。

はじめに

こんな悩みを持っている人は多いんじゃないでしょうか?

悩み

  • 毎日がつまらない…
  • 人生に漠然とした不安がある
  • もっと幸せになりたい

幸せになるために必要なものって何だと思いますか?

お金ですか?自由ですか?

人によって答えは違うと思います。

イギリスにある旅行会社exodustravelsが2000人の幸福な人たちの特徴をチェックしました。

すると幸せな人には3つの特徴があることが分かりました。

その3つとは以下のものになります。

幸せな人の3つの特徴

  • 幸せな人の83%は趣味を持っている
  • 幸せな人の75%は新しいものが好き
  • 幸せな人は反芻思考が少ない

今回はこの3つの特徴を掘り下げていきます。

後半は現状を変えられない人へ、現状を変えやすくする考え方も紹介します!

幸せな人の83%は趣味を持っている

幸せな人の多くが「情熱を持てる趣味」を持っていることがわかりました。

気になるその趣味の内容ですが、

趣味

  • サイクリング
  • スキー
  • ボート
  • 旅行
  • ハイキング

などのアクティブな趣味の人が多かったそうです。

反対に読書や音楽鑑賞、楽器などのインドアな趣味に関しては幸せな人もそうでない人ももっていることが多く、有意差を示せなかったようです。

そういう意味ではアクティブな趣味の方が「幸せになる」ためには重要なのかもしれません。

一応付け加えておきますが、インドアな趣味が駄目という意味ではありません。

アクティブな趣味の方が体を動かすのでメンタルの安定に繋がり、幸せを感じやすくなるメリットがあるという意味です。

幸せな人の75%は新しいものが好き

幸せな人の75%が新しいものが好きで、新しい体験を好んで行うことがわかりました。

それに対して不幸だと思っている40%の人が変化を拒み、いつもと同じでいいと考えていることも分かっています。

知的好奇心の高さや新しいものへの欲求は幸せに繋がっているのかもしれません。

自分が安心していられるゾーンのことを心理学用語でコンフォートゾーンと呼びます。

そして幸せな人の61%がこのコンフォートゾーンから積極的に出るのに対して、不幸な人は25%しかコンフォートゾーンから出ていませんでした。

ですので好奇心をもって何にでもチャレンジしていく姿勢が、幸せを感じやすくする要因なのかもしれません。

反芻思考が少ない

過去の失敗や後悔、トラウマをいつまでも考え続けてしまう…

そんなネガティブな思考を心理学用語で反芻思考と言います。

不幸な人は幸せな人に比べて、1週間に1時間29分以上も過去の出来事や他人への妬みについて考えているそうです。

人生の貴重な時間を嫌なことを考える時間に費やしていると考えると、反芻思考が及ぼす悪影響は測りかねないですね。

また、幸せな人の80%がスピリチュアルな傾向にあることも分かりました。

スピリチュアルと聞くと少し怪しいと感じる人もいるかもしれません。しかし最近流行ってきたマインドフルネスなど、要は抽象的で目に見えないことを大切にするということです。

また、反芻思考をやめる方法として以下のようなものがあります。

反芻思考を辞める方法

  • マインドフルネス
  • 運動
  • 自然と触れ合う
  • ヨガ

このことからも、アクティブな趣味や新しい体験が幸せと繋げっていることが分かりますね。

現状を変えられないと悩んでいる人へ

ここまで旅行会社が調べた幸せな人の3つの特徴を紹介しました。

アクティブな趣味や知的好奇心など非常に興味深い内容でしたね。

でも中には

ポイント

  • 仕事が休みの日はどうしても家でゴロゴロしてしまう
  • アクティブな趣味や新しい体験に興味がわかない…
  • 家に引きこもってもダメと分かっている。だけど…

というように現状を変えられずに悩んでいる人もいるかと思います。

そんな人に現状を変えやすくする考え方を紹介します。

その方法とは「不快感を観察する」ことです。

例えば、休みの日にゴロゴロせずにアクティブになりたいと思っても

ポイント

  • 外出するのは面倒だからゴロゴロしたいな…
  • どうせなにやっても駄目だからな…
  • せっかくの休日なんだから休まないとな…

と感じてしまったことはないですか?

人間の脳は基本的に変化を拒み、現状習慣を維持するように働きかけてくるので、急にアクティブな趣味を始めるのが難しい場合もあります。

そんな時は以下のことを考えてみてください。

ポイント

  • なんで面倒と感じるのか
  • なんでやりたくないのか

現状に悩んでいる人ですから、ゴロゴロしてても必ずそこに不快感があるはずです。

そして、その不快感をじっくり観察します。

この思考の重要なところは「変わりたいと思っている自分に気付く」ということです。

不快感をただ本能的に受け止めても「面倒だからやめよう」で終わってしまいます。

そこをあえて不快感と向き合って「不快感を感じるということは、変わろうとしているんだ」と考えてみて下さい。

そうすることで、変わるための第1歩を踏み出しやすくなります。

まとめ

まとめ

  • 幸せな人の83%はアクティブな趣味をもっている
  • 幸せな人の75%は新しいものが好き
  • 幸せな人は反芻思考が少ない
  • 現状を変えたい人は「不快感を観察する」ことから

いかがでしたでしょうか?

お金や自由も幸せの要因かもしれませんが、それだけを考えてもなかなか幸せにはなれません。

今回ご紹介した幸せの価値観は自分の行動を変えるだけで手に入れることができます。

是非、幸せだと感じられる習慣を身に付けて、日々の生活をより良いものにして下さい!

今回も記事を最後まで、読んで頂きありがとうございました。また、次の記事で会いましょう!

-心理, 知識

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.