健康

食べる投資4選【ハーバードが教える最高の食事術】

皆さんの中で最近「ストレスが溜まってるなぁ」とか

「集中力などが続かない」などと思っている方は、このブログを見ていただければ、

日々の生活のパフォーマンスと生産性を最大化する健康状態を手に入れる食事術が分かりますので

みっちゃん

今回のブログも楽しんでください

本の紹介

この本は医師の満尾正さんが書かれた書籍で、満尾さんはなんとあのハーバード大学栄養学を学んだ方で、

帰国後ハーバードで学んだノウハウを活かして

日本で初めてアンチエイジング専門クリニック」を開業された方です。

この本には、医学的知識に基づく栄養に関するノウハウがふんだんに書かれていて、

  • 身体内部の老化の進行を遅らせるための栄養素
  • 病気や疲労を軽減するための栄養素

上記の栄養素について具体的に書かれていて実践すれば健康になること間違いなしの一冊でした。

食べる投資TOP4

このブログでは「食べる投資」の中から、

皆さんにお伝えしたい食事に関するTOP4を厳選してご紹介させていただきます。

本書の結論を先にお伝えさせていただくと、

「食べる投資」TOP4

  1. ココナッツオイルはダイエットに最適
  2. 納豆でアンチエイジング
  3. 食物繊維でメンタルを強化
  4. タンパク質はなるべく魚から摂取
みっちゃん

これから詳しく解説させていただきます。

それでは参りましょう!

ココナッツオイルを常備する

みっちゃん

一般的にココナッツオイルってあまり知られていませんよね?

私は知らないわ

ケロくん
みっちゃん

でも、実はココナッツオイルってダイエット界では結構有名なんです。

ココナッツオイル60%中鎖脂肪酸と呼ばれる成分でできていて、

この中鎖脂肪酸は摂取すると腸からすぐ血液中へと吸収されて、

肝臓で「ケトン体」という物質に変化します。このケトン体への変化が重要なポイントです!

みっちゃん

今からケトン体のメリットを2つ紹介していきますね。

ダイエットに効果的

みっちゃん

皆さんケトジェニックダイエットって聞いたことありますでしょうか?

ケトジェニックダイエットは聞いたことないなぁ

ケロくん
みっちゃん

ケトジェニックダイエットとはこのケトン体を応用したダイエット法なんですよ。

具体的には、可能な限り炭水化物を減らして、タンパク質上質な脂質のみを摂取すると、

普段身体のエネルギー源には糖質が使われているんですが、

炭水化物を減らすことによって、糖質が不足してしまうので、

ケトン体エネルギーとして使うようになります。

そこでさらにココナッツオイルを摂取すると、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が、

体脂肪からケトン体を作る機能を活性化してくれるので、

体脂肪を燃焼しやすくなり、痩せることができます。

このケトジェニックダイエットフィジークボディービルの大会に出る方の減量にも使われている方法ですので、

新しいダイエット法を試してみたいって方は是非試してみてください。

脳細胞を活性化させる

肝臓で変化したケトン体は脳に運ばれて、脳の神経細胞のエネルギーとして使われます。

例えば、ダイエット中に糖質制限している場合、

どうしても糖分が足りなくて、頭がボーっとしてしまうことってありますよね。

そんな時にケトン体エネルギーとして脳を活性化してくれるので、

普段の仕事にも支障をきたすことなく、ダイエットができたりします。

またココナッツオイルは摂取することで空腹感が抑制されると言われていますので、

ダイエットしている方は朝にココナッツオイルをスプーン1杯入れたコーヒーを飲むこともおすすめです。

私も最近は前の夜に食べ過ぎた日なんかは、時々朝食の代わりに摂取したりしています。

ただ中鎖脂肪酸は摂取し過ぎてしまうと、お腹を下したりするので、

自分の体調に合わせて、摂取することをおすすめします。

また私は以前に筋トレ系のYouTuberの方がおすすめしていたMCTオイルと言われる、

ココナッツオイル由来の中鎖脂肪酸100%のオイルを摂取するようにしています。

このMCTオイルは成城石井とかにも売っているオイルなので、良かったら買ってみてください。

毎日1パックの納豆を食べる

みっちゃん

納豆ってきっと嫌いな方いらっしゃいますよね?

納豆の匂いがダメなの

ケロくん

みっちゃん

でも納豆はめちゃくちゃすごいパワーを秘めてるんです。

2つその納豆効果をご紹介していきますね。

炎症予防とアンチエイジング

みっちゃん

皆さんずっと若くありたいですよね?

もちろん若くありたいわ

ケロくん
みっちゃん

実は納豆にはアンチエイジングの効果もあるんですよ

納豆に含まれるスペルミンという物質は広義な意味でタンパク質の一種なんですけど、

これが細胞の代謝活性化させたり、体内の炎症防ぐ効果があると言われています。

細胞の代謝を活性化させるとはどういうことかと言いますと、

古い細胞を排除して、新しい細胞の生成を活性化してくれるので、

アンチエイジングつまり老化防止に繋がります。

また炎症と言われる細胞が傷つくことで生まれる現象を防止してくれるので、

炎症によって引き起こされる歯周病関節炎動脈硬化ガンなども予防することができます。

感染症の予防

納豆を食べることで0-157などの食中毒を抑えることもできます。

なぜなら、納豆菌は最強の増殖力を持っていて、身体の中に入ると腸内の悪玉菌の増加を抑えてくれる働きをします。

そうすることで、O-157などの病原性の大腸菌の増殖さえも防ぐことができます。納豆パワーって最強なんですよね。

このように納豆を毎日食べると、短期的には感染症の予防ができて、

長期的には生活習慣病の予防にも繋がるんですよ。

納豆を食べない方は勿体ないので、ぜひ納豆を毎日食べる習慣を身につけましょう。

食物繊維でメンタル強化

みっちゃん

皆さん腸内環境を整えることはメンタルヘルスにも効果的だって知ってましたか?

え!?そうなの?
知らなかったわ

ケロくん

実は40種類以上の脳内の神経伝達物質は腸内で合成されていて、

それによって腸は第2の脳なんて言われたりしています。

実際に精神を安定させる働きを持っていて、

幸せホルモンと呼ばれているセロトニンはその80%95%が腸内細菌によって作られているそうです。

ですので、下痢や便秘などが慢性化している人はメンタルヘルスの問題が現れやすいそうで、

過敏性腸症候群80%の人は不安鬱の症状があるという研究データもあるそうです。

これ結構驚きですよね。

じゃあ、どうやって腸内環境を整えればいいの?

ケロくん
みっちゃん

これから説明していきますね

腸内環境を整えるために欠かせないのが食物繊維です。

一日に摂取したい食物繊維の目安は男性20g女性18gです。

皆さんご存知の通り食物繊維を多く含むものといえば、野菜海藻類きのこ類で、

特にほうれん草キャベツなどの葉物野菜は糖質も少なく安心できます。

一方サツマイモジャガイモなどの根菜類は糖質が多いので、摂りすぎには注意が必要です。

また栄養素によっては調理後時間経過と共に栄養素が減っていく栄養素があり、

例えばビタミンなどがあるんですが、食物繊維は時間が経ってもその量が減らない栄養素ですので、

週末などに作り置きしておくと摂取しやすくなりますのでオススメです。

タンパク質を考える

筋トレやダイエットされている方はきっとタンパク質をしっかり摂取してると思います。

私も結構タンパク質多めの食事にしています。

しかし、何から取るかについては考える人って少ないんじゃないでしょか?

タンパク質を何から取ればいいかは分からないわ

ケロくん

本書ではタンパク質は肉、魚、卵、豆などからバランス良く取ることが重要だと言われていて、

週の半分は魚を食べることを推奨しています。

理由は魚介類にはオメガ三系脂肪酸と呼ばれるDHA、EPAなどと言われる栄養素などが豊富に含まれていて、

これらが慢性的な炎症を抑制することができるからです。

一方肉からタンパク質を摂取しすぎてしまうと、

アラキドン酸と言われる炎症物質が体内で生成されてしまって炎症が促進されてしまうそうです。

さらに牛や豚の肉は腸内の細胞によって発ガン性物質を作るという報告もされているそうです。

これ結構怖いですよね。

ですのでタンパク質を摂取する際は肉、魚、卵、豆などからバランスよく摂り、

週の半分はサバやシャケなどのオメガ三系脂肪酸を豊富に含む魚を定期的に食べる習慣を身につけましょう。

まとめ

食べる投資TOP4

  • ココナッツオイルはダイエットに効果的
  • 納豆でアンチエイジング、炎症と感染症予防
  • 食物繊維は腸内環境を安定させ、メンタルを強化
  • タンパク質は、週の半分は魚から摂取

長生きするための健康だけでなく、日々体調を崩さないためにも皆さんも一緒に普段から健康的な食事を心がけて行きましょう

このブログはアフィンガー5のテーマを使用しています。

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

AFFINGER5はこちら

-健康,

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.