音楽

【ヒップホップとは?】代表的なアーティスト紹介!!

こんにちは!みっちゃんです。

今日はこんな質問に答えていきたいと思います。

ヒップホップっていう言葉は聞いたことあるんだけど、
ラップがあるやつ?

ケロくん
みっちゃん

そうだね。
ラップが有名かもしれないね。
ラップにも色々と種類があるから説明していくね。

ヒップホップとは

「フリースタイルダンジョン」や「高校生ラップ選手権」が人気になったことで、MCバトルブームが全国に巻き起こりました。

 参戦するMCはバトルだけでなく、音源作成を主に行っている人が大多数です。

バトルで気になったMCの音源を聴いて、そのラッパーたちにハマっていく人も急増中です。

 このようなサイクルのなかで、HIPHOP業界全体が高い注目を集めています。

 ヒップホップとは最初にラップが思い付くと思います。

ラップには、フロー、ライムが重要になってきます。

近年流行りのフリースタイルMCバトルでは、フロー、ライムの他にパンチラインというのが大事になってきます。

では、フリースタイルMCバトルについて話します。

フロー

ビートの乗り方や、リズムのつけ方のことを指します。

お経のように一本調子でラップをするポエトリラップもあるのですが、

それよりもMCバトルでは、緩急や音程の高低をつけたりして、

ばっちりとビートにのれているMCの方が評価されやすい傾向にあります。

フローの仕方は人それぞれで自分のテクニックを発揮することができます。

ライム

韻を踏むことです。

韻を踏むとは、母音を合わせて違う意味合いの言葉を吐くことです。

たとえば、卵、赤子、頭はすべて母音が同じです。

これを組み合わせて文章を作っていくことで、うまく押韻することができます。

長い文字で韻を踏めることはすごいですが、韻を踏むことに意識がいってしまい、バトル中に相手とは的外れの言葉を言ったりすることもあります。

優れたMCは会話のなかでライムをします。

ヒップホップを聴きはじめたばかりの方だと、どこで踏んだかわからない韻なども存在します。

自然に会話の中で踏める韻や誰も踏んだことない韻などもバトル中は盛り上がったりします。

パンチライン

ラップ中の印象的な言葉を指します。

観客の記憶に残るような衝撃を与える一節がパンチラインとなり、バトルの勝敗に影響します。

 バトルで終始劣勢であっても、最後の小節で観客が湧き上がるようなパンチラインを吐けば、1発で勝敗がひっくり返ることもあります

。韻でパンチラインを吐いたり、プライベートのことを言ったりMCによって様々です。

代表アーティスト

KREVA

言わずと知れた日本語ラップの帝王、音源だけのイメージですが、

最初の頃のフリースタイルMCバトルも3連覇とラップの化け物です。

J-POPに近い曲から、高速ラップを織り交ぜる曲など日本語ラップを牽引しているアーティストです

。最近では若手とのコラボも多くなり、ラッパーとして、アーティストとして幅を広げています。

般若

フリースタイルダンジョンの最初のラスボス、フリースタイルバトルのイメージは少ないが、

2008年のMCバトルの大型大会では久しぶりの出場だったが優勝している。

音源では熱い曲やシリアスな曲、クスッと笑ってしまうような曲など様々です。

昭和レコードというレコード会社を作っており、業界からも高い人気がある。

長渕剛を敬愛しており、身体を鍛えており、上半身裸が多い。

R指定

フリースタイルダンジョンの初代モンスターから2代目ラスボスとなった現役最強のフリースタイルラッパーです。

音源では、Creepynetsとして、メジャーデビューもして、今、一番勢いのあるラッパーです。

その場でもらったお題にそってラップをする聖徳太子ラップでテレビなどで見かけることが多くなってきた。

ラッパーというと少し怖いイメージをもたれることがあるが大阪のお兄ちゃんのような感じから、

今年からは菅田将暉と音源を出したり、ドラマに出たり、CMに楽曲が使われたり、Mステ出演と飛ぶ鳥を落とす勢いのアーティストです。

ZORN

上記の3人のアーティストより知名度は低いですが、一番勢いのあるアーティストです。

昭和レコード出身のZORNが有名になったのが「my life」という曲です。

日常のありふれた日々を韻を踏みながら歌っています。

歌詞の中にある、「洗濯物干すのもhip-hop」は、ラップ業界が震え上がる歌詞でした。

ZORNの魅力は韻と歌詞のパンチラインです。韻を踏みながら意味が繋がっていて、それがパンチラインになるという不思議なアーティストです。

 今年はKREVAとコラボしたり、アルバムを出したり精力的な活動をしていますが、

アルバム、「新小岩」はiTunesヒップホップ部門で10位から9位を独占していました。

「新小岩」以外の曲もKREVAとコラボした曲だったことからもZORNの注目の高さがわかります。

まとめ

日本にヒップホップの文化が入ってきたのは1980年代前半といわれており、現在のヒップホップブームは第3次ラップブームとされています。

日本語ラップの歴史はまだまだ浅く、これから新たなヒップホップの形が生み出されるでしょう。

他にも様々なラッパーが存在しますが、音源を聴きながら自分の頭に残るアーティストを探してみてください。

ヒップホップにはアップテンポで思わず体を揺らしてしまうような曲がたくさんあります。

ヒップホップを聴いてテンションを上げていきましょう。

いかがでしたでしょうか?一言にヒップホップと言っても奥が深いですね。

今回も記事を最後まで、読んで頂きありがとうございました。また、次の記事で会いましょう!

-音楽

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.