ファッション 古着

【超入門】古着ガイドブック

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は、古着について話していきたいと思います

古着っていいよね!

ケロくん

古着のガイドブック

古着とはどういうものなのでしょうか?

本記事は古着について少し興味を持ちはじめた方々にむけて、古着の基本について解説するガイドブックです。

このガイドブックをお読みになっていただければ、古着についての知識を得られるとともに古着の魅力をご理解いただけます。

ぜひお楽しみいただれば幸いです。

古着とは

古着とは、過去に着用されたことのある衣服。簡単に言えば人が1度着た物は全て古着になります。

個々の衣類を指すほか、服飾品が回収され、古着業者により分別や選別がなされて製品化され、再び市場に出回る物の総称としても使われています。

それでは古着にはどのような種類があるのでしょうか?古着は概ね次の種類に区分されます。

  • ブランド古着
  • ヴィンテージ古着
  • ミリタリー古着
  • その他ノンブランド古着

そして、古着にはどのような魅力があるのでしょうか?

古着の魅力は人それぞれの感じ方に左右されますが、概ね以下のことがあげられます。

  • 流行に流されない個性的なファッションができます。
  • 多くの服が一点物です。(他人が同じ服を着ている場面はほとんどないです。)
  • よい品物を安く購入できます。
  • さまざまなブランドに出会えて服の歴史を感じることができます。

本記事では、「古着の種類」についてそれぞれの特徴を解説したあと、「古着の魅力と楽しみ方」について解説いたします。

ぜひお楽しみいただければ幸いです。

古着の種類

ブランド古着

ブランドとして価値がある古着を「ブランド古着」といいます。

ブランド古着として、以下の商品があげられます。

  • 「グッチ」「ルイヴィトン」「サンローラン」「ディオール」「マルジェラ」「メゾンキツネ」などのハイブランド品。
  • 「コムデギャルソン」や「ヨウジヤマモト」といった日本のデザイナーズブランド。
  • 「supreme」「ゴーシャラブチンスキー」「stussy」「APE」などの人気のあるストリートブランド。
  • スニーカーブランド

ほとんどの場合、定価よりもかなり安い値段で購入ことができます。

ただ、中には入手が難しい商品などで、新品の価格よりも古着のほうが優ってしまうこともあります。例として日本で未発売品などがあげられます。

ブランド古着の特徴

  • ブランド古着はその商品の状態の綺麗さで大きく価格が変わること
  • デザインと言うよりもそのブランドであることで、価格が付くのがブランド古着

ビンテージ古着

ビンテージ古着とは「年代物でデザインや素材に価値がある古着」を指します。

ビンテージ古着の「年代物」の定義ですが、10年以上という人から30年以上という人までいて、これといった決まりはありません。

ちなみに、デッドストックと呼ばれるものもあります。

デッドストックとは?

デッドストックは古い年代の衣服が買い手に回らないまま、現代まで保管されていたものをいいます。

デッドストックは「誰かが一度袖を通した」古着ではないですが、古着屋で取り扱われていることが多く、古着として扱われることがほとんどです。

なお、ビンテージ古着はどうしてもその他の古着と比べると値段が高くつきます。

時代の流れとともに、アパレルの生産体制や背景はどんどん変わっています。代表的な例としてファストファッションがあげられます。

ビンテージ古着が高い理由

  • ビンテージ古着は「良いものを長く使えるように」手間をかけて生産されたものが多い
  • ファストファッションと真逆をいっている
  • ビンテージ古着では、今では手に入らないような仕立てや技法が使われたジッパーやボタンが施されていることが多い
  • ビンテージ古着は大量に生産されていたわけではない

古い年代のビンテージ古着は入手が困難になっていきます。

だからこそ、古着屋で出会った古着は二度と出会えないかもしれない一点物になることが多いです。

ビンテージ古着の特徴

ビンテージ古着は「良いものを長く使えるように」作られているから、経年変化を楽しむことができる

ミリタリー古着

ミリタリー古着もかなり奥が深いです。身に付けるだけで男らしさ抜群のミリタリー古着。

米軍のミリタリーアイテムからユーロミリタリーまで様々です。

ミリタリーアイテムは現代のファッションアイテムにもデザインが落とし込まれており、どれが本物のミリタリーアイテムかが分かりにくくなってしまっています。

「アルファ」や「アヴィレックス」などのように昔から米軍にフライトジャケットなどを納入してきたブランドがカジュアル用に作ったアイテムもあります。

これらのミリタリー古着も大戦期(第二次世界大戦)の物はかなり高額で取引されており、ヴィンテージといった扱いになっている物もあります。

そんなミリタリー古着といえば、MA-1を始めとしたミリタリージャケットを思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、実はミリタリー古着は以下のような様々なアイテムがあります。

ミリタリージャケット

  • 「MA-1」・・・空軍が主に上空用として着用していたフライトジャケット
  • 「M-65」・・・アメリカ軍が着用した戦闘用のジャケット
  • 「N-3B」・・・アメリカ軍が極寒地向けに着用したフライトジャケット
  • 「N-1」・・・アメリカ海軍用に採用されたデッキジャケット
  • 「L-2B」・・・空軍が主に低空用として着用していたフライトジャケット
  • 「IPFU」・・・トレーニング用のジャケット

ミリタリーコート

  • 「Pコート」・・・英国海軍が船上の防寒服として着用していたコート
  •  「トレンチコート」・・・もともとは軍服として開発されたコート

ミリタリーパンツ

  • 「M-65」・・・アメリカ軍で着用されたフィールドカーゴパンツ
  • 「M-51」・・・「M-65」と比べてシンプルな作りのパンツ
  • 「F-1B」・・・アメリカの空軍で使用されている防寒オーバーパンツ

ミリタリーシャツ

  • 軍服として着用されていたシャツのことです。長袖、半袖共にあります。

ミリタリースウェット

  • スウェットはトレーナーと言われていることもあります。トレーニング用に使われていたアイテムです。

ミリタリーツナギ・オーバーオール

  • 主に空軍が着るために開発されました。あまり寒くならない低空用として使われてることが多かったです。

その他ノンブランド古着

それ以外の古着と言えるのが、ブランド古着として価格もつかず、ここ10年以内の中古品です。

「ユニクロ」や「GU」などのファストファッションから、それに近い「グラニフ」や「レイジブルー」、そして、有名でない一般ブランド品の古着です。

価格はかなり安くてお得です。

古着の魅力と楽しみ方

流行に流されない個性的なファッションができます

まず、流行に流されない個性的なファッションができることが一番の魅力です。

今の時代に作られてアパレルショップに並ぶ衣類は、今年の流行りを見極めて、その年に売れるデザインを作ります。

一方、古着の場合は長い歴史の中で流行ってきたものや、その時代ごとに必要とされてきた衣類がずらりと並びます。

色んな時代の、色んなジャンルの服から選べるから、古着は流行を気にせず、自分の好きな服を選ぶことが出来ます。

結果として、個性が出て、自分らしいファッションが楽しむことができます。

多くの服が一点物です(他人が同じ服を着ている場面はほとんどないです)

古着、特にビンテージ古着は、ほとんどが一点物です。そのため、他人と同じ服とかぶってしまうことはほとんどないです。

1990年以前は今ほど衣類が大量生産されることがなかったです。そして、それらの服が現在まで使えるきれいな状態で残っているものは限らます。

これらの理由から、結果として周囲の人々は所有しておらず、一点物になります。

古着、特にビンテージ古着は他の人とは違った自分だけの服を着ることができます。ワクワク感があって楽しいです。

よい品物を安く購入できます

古着の魅力は、なんといっても安いことです。

古着ではブランド物も多く置かれています。なかには有名ブランドでとても手が出ないものまでさまざま。そのような品物も古着なら安く購入できるのは魅力的です。

古着は時代に左右されることなく、長く着られるものも多く、良質な品物も多いのでお買い得感が高いです。

そして、古着屋にあるいろいろな服から「自分にとって掘り出し物を探す」という楽しみ方があります。

さまざまなブランドに出会えて服の歴史を感じることができます

古着屋にはさまざまなブランドの服が集まっています。

古着屋にいけば普段は見なかったような系統のブランドも、古着屋では一緒に見ることができます。 

さまざまなブランドを出会えて服の歴史を感じることできるのは古着屋周りの大きな魅力です。過去にはデザインの服が流行していたんだと感じることができて楽しいです。

まとめ

古着は概ね次の種類に区分されます。

古着の種類

  • ブランド古着
  • ヴィンテージ古着
  • ミリタリー古着
  • その他ノンブランド古着

そして、古着の魅力と楽しみ方として以下の点があげられます。

古着の魅力と楽しみ方

  • 流行に流されない個性的なファッションができます。
  • 多くの服が一点物です。(他人が同じ服を着ている場面はほとんどないです。)
  • よい品物を安く購入できます。
  • さまざまなブランドに出会えて服の歴史を感じることができます。

本記事によって、古着の基本と魅力をご理解いただければ幸いです。

ぜひ、実際に古着屋に足を運んでみてください。

-ファッション, 古着

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.