知識

2020年に人気を集めた子供の名前

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は2020年に人気を集めた子供の名前を紹介していくね

どんな名前が人気だったんだろう

ケロくん

新型コロナウイルスの感染が拡大していることにより、「医療体制が逼迫(ひっぱく)している」という言葉が度々聞こえた2020年。

しかし、そんな中でも今年誕生した新しい命は16万1321名となりました。

そこで今回は、今年の流行と照らし合わせて分析しながら、2020年に人気を集めた子供の名前を振り返ってみたいと思います。

男の子の名前

まず、男の子の名前の読みでは、

  • 「はると」
  • 「みなと」
  • 「そうた」

が人気を集めました。

主に、「と」で終わる「と止めネーム」の人気が高かったようです。

中でも、「はると」は2018年から3年連続で一番人気となっており、

  • 「陽翔」
  • 「陽斗」
  • 「晴翔」

といった3種類のバリエーションがありました。

また男の子の名前に使用された漢字では、

  • 「翔」
  • 「大」
  • 「斗」

が人気を集めました。

近年では「大」という漢字も「と」と読む使い方に用いられており、こちらでも「と止めネーム」の人気がうかがえますね。

まとめ

  • 男の子の名前で人気を集めたのは「はると」「みなと」「そうた」
  • 「はると」は3年連続で一番人気となり「陽翔」「陽斗」「晴翔」の3種類があった
  • 名前に使用された漢字は「翔」「大」「斗」が人気を集めた
  • 読み・漢字ともに「と」で終わる「と止めネーム」の人気が高い

女の子の名前

一方、女の子の名前の読みで人気を集めたのは、

  • 「ゆい」
  • 「めい」
  • 「えま」

であり、どうやら読みに人気が高いようです。

それだけでなく、今年はレトロネームも流行し、

  • 「あおい」
  • 「つむぎ」
  • 「ひまり」
  • 「ほのか」
  • 「いちか」
  • 「あかり」

も人気となりました。

また女の子の名前に使用された漢字では、

  • 「花」
  • 「菜」
  • 「結」

が人気を集めました。

「花」や「菜」をはじめ、「莉」、「奈」、「咲」などの漢字も多く使用されていることから、草花や果実を連想させる漢字の人気がうかがえますね。

まとめ

  • 女の子の名前で人気を集めたのは、「ゆい」「めい」「えま」
  • 「あおい」「つむぎ」「ひまり」などのレトロネームも流行している
  • 名前に使用された漢字は「花」「菜」「結」が人気を集めた
  • 「莉」「奈」「咲」などの草花や果実を連想させる漢字の人気が高いことが分かる

レトロネームが流行った理由

ところで、女の子の名前でも人気を集めたレトロネームですが、どうして最近流行っているのだと思いますか?

実はその理由には、その年その年に流行した物が関わっているのです。

今年の場合、マンガ・アニメ作品「鬼滅の刃」が空前の大ブームを巻き起こしましたよね?

このことが、レトロネーム人気の後押しになっているのではないかと推測されます。

たとえば、人気キャラクター「富岡義勇(とみおかぎゆう)」と同じ「義勇(ぎゆう)」や、

女性キャラクター「甘露寺蜜璃(かんろじみつり)」と同じ「蜜璃(みつり)」や

「みつり」など、「鬼滅の刃」に関連した名前も男女ともに増加傾向にあります。

さらに、「富岡義勇」が使っている技の名前が「凪(なぎ)」であることから、「凪(なぎ、またはなぎさ)」が男女ともに急上昇しているようです。

ポイント

  • レトロネームが人気を集めている背景には、その年その年に流行した物が関わっている
  • 今年は「鬼滅の刃」がブームになり、レトロネーム人気の後押しになったと思われる
  • 「義勇」「蜜璃」など、「鬼滅の刃」に関連した名前も男女ともに増加傾向
  • 「富岡義勇」の技である「凪」になぞらえて、「凪(なぎ、またはなぎさ)」も急上昇

まとめ

2020年に人気を集めた子供の名前をまとめると、次のような結果が得られました。

ポイント

  • 男の子の名前で人気を集めたのは「はると」「みなと」「そうた」
  • 使用された漢字は「翔」「大」「斗」が多く「と止めネーム」が人気
  • 女の子の名前で人気を集めたのは「ゆい」「めい」「えま」
  • 使用された漢字は「花」「菜」など、草花や果実を連想させるものが多い
  • 今年は「鬼滅の刃」がブームになったことから、レトロネームの人気も高い
  • 実際に「鬼滅の刃」に関連して増加傾向にあるのは「義勇」「蜜璃」「凪」

一つの名前にも何種類ものバリエーションがあったり、その年の流行った物を思い出せる名前があったりと、新しい命が誕生することはとても輝かしいことです。

しかし、その年の流行や親の好みだけで考えると、後々子供を悲しませることになります。

たとえば、自分の名前を読み書きしにくい、名前の漢字を尋ねられても説明しにくい、その当時に人気だった物が流行らなくなり、「時代遅れ」といじめに遭うなどです。

ですから、流行だけにとらわれないで、誰もが読み書きしやすく、発音しても違和感がなく、言葉や漢字の意味をきちんとなしている名前を考えることも必要ですね。

すてきな名前とともに、新しい命を大切にしてあげて下さい。

-知識

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.