防衛

【基本の解説】日本の公安調査庁について

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は公安調査庁について話していきたいと思います

公安調査庁?

ケロくん

はじめに

皆さんは「公安調査庁」という機関をご存じでしょうか?

刑事ドラマなどで「公安」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

ただ、この「公安(公安警察)」と「公安調査庁」は、異なる機関なのです。

公安調査庁(略称: PSIA)は、日本の行政機関のひとつです。

破壊活動防止法、団体規制法などに基づき、公共の安全の確保を図ることを目的として設置された法務省の外局にあたります。

公安調査庁はあくまで情報機関にあたります。

公安(公安警察)と異なり、公安調査庁の調査活動には逮捕、家宅捜索等の司法警察権が与えられていません。

本記事によって、公安調査庁とはどのような機関なのか、基本的な内容を理解いただければ幸いです。

公安調査庁とは?

公安調査庁(略称: PSIA)は、日本の行政機関のひとつです。「破壊活動防止法(※1)」、「団体規制法(※2)」などに基づき、公共の安全の確保を図ることを目的として設置された法務省の外局にあたります。

(※1)破壊活動防止法

破壊活動防止法とは、暴力主義的破壊活動を行った団体に対し、規制措置を定めると共に、その活動に関する刑罰を定めた法律のことです。

(※2)団体規制法

団体規制法とは、「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律団体規制法」の通称です。「オウム新法」と呼ばれることもあります。

公安調査庁は、破壊活動防止法、団体規制法に基づき、テロ等の暴力で政治的目的を達成しようとする団体を調査し、必要に応じて規制手続きを行います。

そして、規制が認められた団体に対する規制措置を講じます。

さらに、調査において収集・分析した我が国の公共の安全に影響を及ぼす国内外の諸情勢に関する情報(インテリジェンス)を政府首脳や関係機関に提供し、政策決定への貢献に努めています。 

調査対象組織(国家)内部に「協力者」(スパイ)を獲得し、これを通じて情報を入手することを目指して、工作活動を行うことも重要な職務にあたります。

公安調査庁は,日本の情報コミュニティのコアメンバーとして,国際テロ情勢,我が国周辺情勢,国内諸団体の動向など,日本の公共の安全に影響を及ぼし得る国内外の諸動向について情報を収集・分析しています。

この情報の収集・分析で得た内容を、政府関係機関に適宜・適切に提供することで,政府の各種政策に貢献しています。

公安調査庁が最大の強みとする情報収集は,「ヒューミント(※4)」であり,ここでは公安調査官一人一人が培った知識や経験を含む「人間力」が武器になります。

(※3)オオム真理教

 オウム真理教は、麻原彰晃を教祖とするかつて存在した日本の新宗教団体。

1988年から1995年にかけて、オウム真理教事件を引き起こしました。

1996年1月に宗教法人としての法人格を失いましたが活動を継続し、2000年2月には破産に伴いオウム真理教という名称は消滅しました。

この破産とほぼ同時に、新たな宗教団体アレフが設立され、教義や信者の一部が引き継がれました。

(※4)ヒューミント

ヒューミントとは、人間を媒介とした諜報のことです。

合法活動や捕虜の尋問等も含み、スパイ活動のみを指すわけではありません。

外交官や駐在武官による活動をリーガル(合法)、身分を偽るなど違法な手段で不法に入国しての活動をイリーガル(非合法)と呼います。

現場調査では、たとえ快く思わない相手であっても根気強く面談を重ね、信頼関係を築くことが重要になってきます。

公安調査庁の組織について

公安調査庁の組織は,「内部部局」,「施設等機関」及び「地方支分部局」からなり,

内部部局として総務部,調査第一部及び調査第二部の3部,施設等機関として公安調査庁研修所があり,

また,地方支分部局として全国に公安調査局と公安調査事務所、必要に応じて駐在官事務所があります。

現在、職員数は1,650人程度です。職員のうち、公安調査官(公安職)が調査業務に従事しています。 

本庁と地方組織の役割分担としては、地方組織が収集した情報を本庁が一元的に分析・評価し、関係省庁に提供する仕組みとなっています。

全国に位置する組織の「地方支分部局」は次のような組織体制になっています。

公安調査局

東京、大阪など8か所にブロックを管轄しています(以下)

  • 北海道公安調査局
  • 東北公安調査局
  • 関東公安調査局
  • 中部公安調査局
  • 近畿公安調査局
  • 中国公安調査局
  • 九州公安調査局

公安調査事務所・駐在官事務所

横浜、京都など14か所に府県を管轄する公安調査事務所、その他必要に応じて駐在官事務所が置かれています。

「公安調査室」と「公安警察(公安)」との違い 

公安調査庁は、国家の安全を脅かす団体や人物についての情報を集める機関で、法務省の下に置かれています。

国が持つこのような組織は「情報機関」と呼ばれ、世界的にはアメリカのCIA、イギリスのMI6などが有名です。日本ではほかにも内閣か指揮する「内閣情報調査室」があります。

あくまでも情報機関なので、どなたかを職務質問されたり、どこかに連行することは基本的にありません。公安調査庁の調査活動には逮捕、家宅捜索等の司法警察権が与えられていません。

一方、公安は警察組織なので、公安調査庁と違い犯罪を見つけたりした場合は、強制捜査や逮捕に踏み切ることもあります。この点が大きな違いです。

まとめ

公安調査庁(略称: PSIA)は、日本の行政機関のひとつです。破壊活動防止法、団体規制法などに基づき、公共の安全の確保を図ることを目的として設置された法務省の外局にあたります。

公安調査庁の組織は,「内部部局」,「施設等機関」及び「地方支分部局」からなり,

内部部局として総務部,調査第一部及び調査第二部の3部,施設等機関として公安調査庁研修所があり,

また,地方支分部局として全国に公安調査局と公安調査事務所、必要に応じて駐在官事務所があります。

また、「公安調査庁」と「公安警察(公安)」との違いですが、公安調査庁は国家の安全を脅かす団体や人物についての情報を集める機関で、法務省の下に置かれています。

公安調査庁の調査活動には逮捕、家宅捜索等の司法警察権が与えられていません。

一方、公安は警察組織なので、公安調査庁と違い犯罪を見つけたりした場合は、強制捜査や逮捕に踏み切ることもあります。この点が大きな違いです。

近年において、国際テロや犯罪が高度化・悪質化し、国家の情報機関の重要さは増しています。

今後とも、公安調査庁には、自機関の強化、および警察や内閣情報調査室等と関連機関との連携を強め、多くの脅威から、日本と国民の防衛にあたっていただくことを期待します。

-防衛

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.