防衛

【基本の解説】公安警察について

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は公安警察について話していきたいと思います

公安警察って何??

ケロくん

公安警察について

皆さんは「公安警察」という機関をご存じでしょうか?

略称では「公安」といいます。この公安という言葉は聞いたことがあるかもしれません。

ドラマなどで「公安」という職業を聞いたことがある方も多いでしょう。

ただ、「公安ってどのような組織なの?」と聞かれると、答えられる方は少ないのではないでしょうか?

公安警察(公安)は、警察組織のうち、公共の安全の維持を目的とする組織です。

主に、テロリスト、左翼団体、右翼団体、宗教団体、外国の情報機関などを捜査対象としています。

本記事によって、日本の公安警察がどのような組織であるか、基本を理解いただければ幸いです。

公安警察(公安)とは?

公安警察(公安)は、警察組織のうち、公共の安全の維持を目的とする組織です。

警視庁公安部や各道府県警察の警備部公安課・外事課などがあげられます。

主に、テロリスト、左翼団体、右翼団体、宗教団体、外国の情報機関などを捜査対象とします。

公安は、警察組織の一部です。しかし、同じ警察という組織に属していても、刑事警察などの一般的な警察と公安とでは、その性質に違いがあります。

公安を理解するために、ここでは、刑事警察をはじめとする一般的な警察部門を「警察」と呼ぶことにし、「警察」と「公安」の特徴的な違いを簡単に説明します。

警察」と「公安」の特徴的な違い

警察の職務内容

一般的に「警察」と呼ぶ、刑事警察や交通警察や地域警察など、その他さまざまな警察部門は、各部門の名称どおり、それぞれの担当する事案について、捜査や取締、予防対策などを行います。

事案によっては、他の部門との連携が必要になることがあります。

たとえば、交通警察が扱っている交通事故の関係者の中に、刑事警察が捜査中の殺人事の関係者がいた、というようなこともあります。

このような場合、他部門との間で情報が共有されます。

ドラマなどでイメージしやすい「刑事警察」以外に、警察には以下のような部門があります(後述する公安を除きます)。

<その他の部門>

生活安全課

生活安全課は、身近な生活の安全を守ることを目的としています。

地域警察部門

地域警察部門では、交番などに勤務し、市民からの道案内の問い合わせに対応したり、職務質問などを行ったりしています。

交通部門

交通部門では、交通の安全を守る取り組みをしています。

公安の職務内容

 公安が担当するのは、暴力主義的な破壊活動や国益侵害になるような行為についての捜査や取締です。日本全体の治安や国家体制に影響を及ぼす可能性のある事案を扱います。

具体的には、国際テロ組織、過激派、右翼などによるテロ、ゲリラの未然防止に向けた諸対策をはじめ、

各種違法行為の取締り、北朝鮮による拉致容疑事案などに対する捜査、対日有害活動の取締り、サイバー攻撃に係る捜査や対策、NBC(核・生物・化学物質)テロへの対応を行います。 

そのため、公安は他の警察部門よりも更に厳しいレベルで情報の取り扱いに気を配る必要があり、秘密主義な部門となっています。

仮に、他の部門が同じ事案や関連性のある事案を取り扱っていたとしても、公安警察は他部門と情報の共有や交換を行いません。

また、多くの公安警察官への司令は、警察署や本部の上官を通さずに、警察庁警備局の中にある極秘の中央指揮命令センターから直接出されるということが大きな特徴の1つです。

そのため、各都道府県警のトップでも、同じ警察署に所属している公安警察官がどのような任務に就いているのか、正確に把握できないと言われています。

また、公安の捜査では、協力者を用いて情報収集を行ったり、秘聴、秘撮、追尾などの独特な捜査手法がとられます。

このように、公安は、一般的な警察と比べると、いわゆる「情報機関」や「スパイ組織」の性格を持っている組織と言えます。

公安の捜査方法について

公安の捜査方法は、大きく以下の2つに分かれます。

公安捜査

国内のテロリストや過激派などを捜査対象と置き、不審な対象が発見された場合に事件前に監視対象におきます。

捜査対象の特殊性から公安捜査官だけで行われ、警視庁公安部の場合、捜査員は情報機関員に近く、捜査の特殊性から顔や体格、素性、素振りを他人に覚えられるのをとても嫌います。

このため、マスクなどで顔を隠すことが多いと言われています。

対象の団体の集会の視察や団体構成員の追尾など、おもに視察作業を行います。

その結果、ある団体の構成員に犯罪の容疑が固まれば、強制捜査などが行われることになります。

外事捜査

近年において多発している、国外のテロリスト、同盟国以外の諜報機関の諜報活動、在日外国人団体を捜査対象とします。

現地の捜査機関と密接に協力したり、テロ捜査のためには海外での情報収集も積極的に展開します。

同時に防衛省情報本部などと協力をし、各国大使館や西側の諜報機関とも密接な情報交換を行っています。

公安の組織体制について

公安警察とは警察庁と都道府県警察の公安部門を指す俗称で、正式には「警備警察」の一部門です。

警察庁警備局を頂点に、警視庁公安部・各道府県警察本部警備部・所轄警察署警備課で組織されています。

東京都を管轄する警視庁では警備部と別に公安部として特に独立しており、所属警察官約1100名を擁し、都内の所轄警察署警備課と合わせて2000人以上となり、日本の公安警察の中では最大の組織です。

全国の公安警察官の三分の一以上は、全て警察庁警備局警備企画課 情報第二担当理事官(「キャップ」または「裏理事官」と称される)が統括する、「ゼロ」と呼ばれる、スパイの獲得や運営などの協力者獲得工作を取り仕切る極秘の中央指揮命令センターの指揮下にあります。

県警本部長、所属長でさえ、ゼロの任務やオペレーションを知らされていないとされています。

これは、警察庁警備局などから発せられた特命事項を表の組織で行えば情報漏れのリスクを回避するためと言われています。

警視庁公安部 外事部門の再編計画

「警視庁公安部に設置されている外事部門」は、およそ300人の捜査員が配置され、「警察庁外事情報部」とともに日本の外事警察の司令塔的な役割も果たしています。

現在の体制では、外事1課、外事2課、外事3課があり、それぞれ以下のように対象となる国などが決まっています。

  • 外事1課・・・ロシアを中心として旧共産圏を担当
  • 外事2課・・・北朝鮮や中国などアジアを担当
  • 外事3課・・・イスラム過激派などを担当

まだ、正式な発表はありませんが、2021年度上期ごろから、警視庁は現在の3課から4課体制に外事部門を増強することが明らかになってきました。

具体的には北朝鮮や中国を担当する部署を拡充するのが主なねらいで、今の外事2課から独立させる形で北朝鮮を専門に担当する課を新たに設置する予定です。

外事2課については、中国などの対応に特化することで対中国についても実質的に体制が強化されることになります。

理由としては、近年の情報戦では、1つの課で北朝鮮と中国の両方の対応にあたるのは、もはや限界なためと言われています。

いままで以上に両国それぞれの専門性のある人材を育成し、北朝鮮・中国の両国との情報戦に対抗するのが再編のねらいとのことです。

今後、新たな脅威が発生してきた場合には、日本の公安体制もそれに応じて強化や見直しがされていくことでしょう。

まとめ

公安警察(公安)は、警察組織のうち、公共の安全の維持を目的とする組織です。

主に、テロリスト、左翼団体、右翼団体、宗教団体、外国の情報機関などを捜査対象としています。

公安の組織体制は、警察庁警備局を頂点に、警視庁公安部・各道府県警察本部警備部・所轄警察署警備課で組織されています。

そして、近年の国際的な情報戦の高まりに応じるために、警視庁公安部の外事部門の再編が計画されています。具体的には北朝鮮や中国を担当する部署を拡充することです。

国内・国外問わず、テロや犯罪は高度化・悪質化し続けています。公安は、日本の公共の安全の維持を目的とする組織です。

これらの脅威に応じていくために、公安の更なる強化を期待するとともに、日本国民も危機意識を高める必要があります。

-防衛

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.