健康 知識 脳科学

セロトニンを増やして幸せになろう!【幸せホルモン】

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は幸せホルモンについて話していきたいと思います。

幸せになりたい。

ケロくん

セロトニンって?

セロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

その他の神経伝達物質で特に重要なノルアドレナリンやドーパミンなどとのバランスをとり精神面、感情面、睡眠などに深く関係しています。

セロトニンが分泌されると、メンタルの安定、平常心、頭の回転を良くする、直観アップなど、脳を活発に働かせます。

三大神経伝達物質

  • セロトニン
  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン

脳はストレスを感じるとセロトニンを分泌して、

  • ノルアドレナリン(ストレスに対抗する働きがある)
  • ドーパミン(快感、喜びをもたらす働きがある)

を制御し、自律神経のバランス(交換神経と副交感神経のバランス)をとろうとします。

セロトニン不足になると精神のバランスが崩れます。その結果メンタルヘルス不調の原因にもなります。

セロトニンが不足すると?

現代の多くの人々は、過剰な情報があふれる中で、情報過多に陥り、無用な心配や不安を抱えながら、競争社会を生きています。

このため多くのストレスに晒されているのが現状です。このような状況にあるとセロトニンが不足した状態になりやすいのです。

前述したとおり、セロトニン不足になるとメンタルヘルスに不調が現れてくる可能性が高くなります。

具体的には、

  • 考えがまとまらない
  • 疲れやすい
  • イライラしやすい
  • 落ち込みやすい
  • 朝起きられない
  • 食欲をコントロールできず太りやすい

などがあげられます。

よく言われるのが、セロトニン不足でうつ病になりやすいと言われます。

しかし、必ずしもセロトニン不足だけが原因とは言えないようです。あくまで一因と考えたほうが良いでしょう。

その他に様々な要因があるので心配し過ぎるのは逆に良くありません。しかし、注意するに越したことはありません。

セロトニンはどうしたら増えるの?

セロトニンを増やすにはいくつかの方法があります。以下に紹介していきます。

適度な運動

運動もセロトニン分泌が活性化されます。

例えば、

  • ウォーキング
  • 咀嚼運動
  • 呼吸法
  • ランニング
  • 水泳
  • サイクリング

などの一定のリズムで単調に継続できる有酸素運動が効果的です。

このようなリズム運動を行うことでセロトニン神経が刺激されて覚醒状態を高めます。

運動する時間は、20分~30分くらいが良いとされています。運動を初めてから、20分~30分で十分にセロトニンの分泌がなされます。 

食べ物(トリプトファンとビタミンB6)

食事も大きく影響してきます。 特にトリプトファンという栄養素が重要です。

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつです。これは体内では生成できません。したがって食事で摂るしかないのです。

トリプトファンを比較的多く含む食品には次のものがあります。カツオ、マグロ、牛乳、チーズな、納豆、豆腐、ナッツ類 、バナナ等です。

トリプトファンの多い食品

  • カツオ
  • マグロ
  • 牛乳
  • チーズ
  • 納豆
  • ナッツ類
  • バナナ
    etc........

トリプトファンの他にも必要な栄養素があります。

特に大切なのはビタミンB6です。ビタミンB6を含む食品もセロトニンの生成には欠かせない栄養素のひとつです。

日光を浴びる

日光を浴びると、脳内ではセロトニンが分泌されます。冬などになり日照時間が短くなると、セロトニン分泌が減ってきます。

うつ病のひとつに「季節性情動障害」というものがあります。これは「冬季うつ病」とも呼ばれ、抑うつ症状が現れます。

では日光をいつ浴びればいいのかということですが、起床から30分までにあびると良いでしょう。

1日に30分ほど日光を浴びるとセロトニン分泌が増加します。

感情を動かす

感情の動きでもセロトニンは分泌されます。日常生活の中で喜怒哀楽の感情をなるべく出すようにすると良いでしょう。

涙を流した時、自律神経リセットとセロトニン活性が同時に起こる浄化作用があります。

涙を流すといっても悲しい涙などではなく、感動の涙が効果的です。

映画などで感動して号泣したあとに、何かスッキリした気持ちになった経験は誰にでもあると思います。それはこの効果であると考えられます。

脳と腸には深い関係がある?

セロトニンの90%は消化管にあります。腸は「第2の脳」と言われています。

第2の脳と言われる理由

独自の神経網を持っているため、脳からの指令が無くても独立して活動できるからです。

脳と腸はお互いに密接に影響を及ぼしあいます。これを「腸内相関」といいます。

そのため、腸は精神状態に大きく影響するのです。腸の働きは自律神経によってコントロールされています。

現代では自律神経の働きが乱れやすい状況にあります。日常的に腸内環境を整えることを意識することが大事になってきています。

まとめ

このように、セロトニンは私たちの精神や感情の安定に、とても大きく関わっています。

とても重要な役割を果たしている神経伝達物質なのです。それゆえ「幸せホルモン」と呼ばれているのでしょう。

太陽の下で運動し、汗を流し、美味しく食事をいただく。食後には、ゆっくり寛ぎながら、芸術などに触れて感動の涙を流す。

そうすればセロトニンの分泌が活発化され心身ともに健康になれるのでしょう。

しかし毎日このような生活を送るのは、なかなか難しいかも知れません。特に現代人は、時間に追われストレスだらけです。

だからこそ、毎日は無理かもしれませんが、このような事を意識して日常を送ることが大事なのではないでしょうか?

そして、せめて休日には、できるだけセロトニンが増えるような過ごし方を工夫してみる必要があるのではないでしょうか。

-健康, 知識, 脳科学

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.