勉強 知識

【大学受験】難関大英語の勉強法!時期別の対策を紹介!

こんにちは、みっちゃんです。

今回はこんな悩みを解決していきたいと思います。

大学受験の英語の勉強法を教えて欲しい

ケロくん
みっちゃん

時期別に対策を紹介していくね

大学入試では、英語が合否を左右するくらい重要です。

特に難関大の場合は英語が得意な受験生が多いので、英語で落としてしまうのは大きな痛手になります。

そのため、早くから対策すべき教科だと言えるでしょう。

この記事では東大や京大などの難関大を目指す人のために、時期別に英語の勉強法を紹介していきます。といっても、どんなに難関でも勉強法は基本が大切になってきますので、基本的なこともお話していきます。

難関大の問題は「和訳」「英作文」「要約」「適語補充」など様々な問題と難解な長文問題が出題されます。基本的な文法の知識と単語の知識はもちろん、論理的な長文読解法や作文力を身に着ける必要があります。

では、どの時期に何をどう勉強すればよいのでしょうか?

各分野のオススメの勉強法は?

時期別の勉強法を紹介する前に、「単語」「長文」の勉強法をまとめて紹介します。

時期別にすべきこととオススメの問題集などを紹介しますので、共に参照してください。

単語

単語は3年間通して勉強し続けましょう。

おすすめの勉強法は以下の2つです。

  • 単語帳の英語の部分を不透明な付箋で隠して覚える
  • 授業や模試などで初めて知った単語をノートにまとめて自分だけの単語帳を作る

単語は反復的に覚えるのが効果的です。

知らない単語があったら英語の部分を隠して日本語訳だけを確認できるようにします。そして、単語帳を開くたびに日本語訳だけ見て英語を当てられるかテストしましょう。

3回テストしても覚えられていなかったら、それはあなたにとって苦手な単語なので真剣に覚える努力をしましょう。

覚えていない単語には付箋をつけて、外にピラピラと飛び出させておくと、視覚的に「単語おぼえなきゃ」という焦りが生まれるので、単語帳を開く習慣が付きますよ。

また、単語は日常のあらゆるところでどんどん吸収していきましょう。授業や模試にとどまらず、電子辞書を漁ったり、英語の本を読んだり…あらゆるものが学習対象になりえます。

初めて知った単語はできるだけその日のうちに覚えましょう。また、その単語を忘れないように自分だけの単語帳を作ることもオススメします。

どんなにマイナーな単語でも、長文読解の手助けになることはあり得ますので、細かなところにも目を配れるとよいですね。

長文

長文問題は授業で勉強する以外には、模試での復習を大切にしてください。

模試の長文読解で難しいと感じた時は、構文や主述関係の把握が不十分な状態です。

長文の文章構造を意識しながら、長文問題を最低3回は音読してみましょう。読むうちに体になじんでくる感覚が出てくるはずです。そうなるまで体に染み込ませましょう。

長文を印刷してノートに貼って、どんな構文が使われていたのか、どんな単語が使われていたのかなどを分析するのも効果的です。

難関大の長文問題や和訳問題では複雑な関係性の文が使われていることが多いです。主語と述語、修飾語などの関係を瞬時に理解できる力を鍛えましょう。

時間が許すならば、模試の長文問題を全文和訳したとしても、その努力は無駄にはならないと思います。

難関大の和訳問題を解く練習にもなるだけではなく、構文や単語をより深堀することができるので、アリです。

1、2年生のうちにできることとは?

この時期は学校の授業で習った構文や単語を完璧にすることが大前提です。

「理解する」だけではなく、「自分の中に吸収」ようにしてください。

この時期に必要な学習方法は主に以下の4つです。

  • 学校から課される課題
  • 定期試験
  • 模試の復習
  • 単語の復習

どんなに早くから志望校を難関大に決めていても、この時期は個別試験向けの勉強というよりは、授業の内容を極めて定期テストを大切にするのがよいでしょう。

この時期に英語構文を勉強するにあたって、オススメする参考書は「英語の構文150」です。

例文や練習問題が充実しており、高校で習う構文は網羅しているので、基礎知識はこれで完璧にすることができます。構文を一つずつ並べられており、計画的に勉強を進めることができる点が良いです。

この時期の単語帳は「システム英単語」「英単語ターゲット」「速読英単語」などが定番です。

すべてに手を出すのではなく、自分に合うものどれか一冊を極めましょう。

3年生の春・夏は?

受験期の春・夏は一度だけ志望校の過去問に挑戦してみましょう。自分の立ち位置を明確にして、志望校合格までの道のりを逆算して、計画的な勉強に取り組んでください。

この時期にすべきことは以下の4つです。

  • 応用問題集(長文問題)に手を出してみる
  • 英作文を対策し始める
  • 単語帳に継続して取り組む
  • 冠模試に挑戦する

2年生までに基礎力はつけておいて、3年時は応用力を高めることになりますので、1ランク上の問題集や参考書、単語帳を使いはじめましょう。

学校で参考書の斡旋販売がある場合もありますね。参考書などを追加で買うときは、同じジャンルのものを多く買わないようにしましょう。

つまり、「単語」「文法」「長文」「英作文」の各分野でそれぞれひとつまでに留めておくことをオススメします。

「特定の分野が苦手だから量をこなしたい」と思うかもしれませんが「参考書は原則一つ」で事足りるのです。

逆に多くの参考書を持ってしまうと、どれに手を付けていいかわからなかったり、時間を有効に使えなかったりしますので注意しましょう。

ここで、オススメの単語帳・問題集を紹介します。

「単語」なら「鉄壁」です。東京大学受験指導専門塾の鉄緑会が出版している単語帳で、辞書のような分厚さがあります。

内容や補足説明も充実しており、「単語をイメージで覚える」「語源ごとに覚える」など単語暗記の指南が豊富です。

難関大志望者の単語帳としては定番と言っていいでしょう。

「文法」「長文」「英作文」では旺文社の「英語問題精講シリーズ」が良いでしょう。難関大を目指す人は黄色い表紙の「標準問題精講」に取り組みましょう。

こちらは問題数が豊富で、重要なポイントに絞った解説がされています。自分の持つ力を補強するのにはうってつけの教材です。

受験期の夏は自分の実力を高める準備期間なので、冠模試は積極的に受けましょう。

本番に似た問題が出題されることも多いので、実践的な学習につなげることができます。

この時期に受けた冠模試は、冬にもう一度解きなおしてみると効果的に学習することができますよ。

ちなみに東進ハイスクールのサイトでは「C判定をとることを目標にする」ことが推奨されていますので、ご参考までに。

3年生の秋・冬はどうしよう?

夏と継続して応用問題に取り組みつつ、次第に個別入試を意識した勉強にシフトしていきましょう。

といっても、2021年度から新しい試みである共通テストが始まるので、忙しくなるでしょう。ある程度は共通テストの勉強に専念しましょう。

共通テストが終わったら、ひたすら志望校の過去問・冠模試の過去問を解きましょう。

過去問や冠模試を解くことで、より本番に近い状況で勉強でき、自分を客観的に分析することができます。赤本や冠模試の過去問集を購入して、毎日取り組むのが良いでしょう。

まとめ

本記事では、大学受験に向けて英語の勉強法及び時期別対策、オススメ参考書などを紹介してきました。

1、2年時は基本を大切にし、3年から応用問題を人よりも早めに取り組んでみましょう。

少しでも受験生の皆さんのお力になれたら幸いです。

-勉強, 知識

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.