人間関係

上司や先輩に対して職場で気をつけるべき【4つのポイント】

こんにちは、みっちゃんです。

みっちゃん

今回は職場で上司に対して気を付けることを紹介するね。

ちゃんとメモします。

ケロくん

上司や先輩への対応で注意すべき4つのポイント

就職すると、職場の人とのお付き合いは欠かせませんが、学生生活で経験した友達同士の付き合い方とは異なりますので、

社会人になって1年目は戸惑う人も多いのではないでしょうか?

特に上司や先輩に対して誤った対応をしてしまうと、信用されなくなったり、仲間はずれやいじめに遭ったりと、

職場が自分にとっていづらい場所になる可能性もありますよね。

そこで今回は、上司や先輩への対応で注意すべき4つのポイントをお伝えいたしますので、行き詰まったときにはこちらを読んで参考にしてみて下さい。

どんな連絡でも即レスを

まず、働き始めた頃は、内容の分からない案件が回ってきたり、

全然対応できていない仕事の進捗状況を尋ねられたりと、

はっきりと自信を持って答えられないこともあります。

ポイント

ですが、どんな連絡に対しても即レスすることを心がけましょう。

なぜなら、何もレスがなければ、連絡した側にとっては相手の状況が全く分からず、仕事を先へ進められないからです。

そのため、もし案件の内容が分からないのであれば、もっと詳しい指導が必要であることを伝えましょう。

即レスは仕事の進捗状況を尋ねられた時も同じです。

個人的な事情で手を付けられていない場合はそのことをきちんと連絡し、途中で行き詰まって手が止まっている場合も、

どこまでできていて、どこから先で躓いているのかを素直に伝えることが大切です。

まとめ

  • 案件の内容が分からなくても、進捗状況が悪くても、即レスで素直に伝える。
  • 連絡した側は状況が分からないので、レスがなければ仕事を先に進められない。

同じ話でも初めてな反応を

次に、上司や先輩と話をしていると時々、

「この話、前にも聞いたことがあるような」と感じることはありませんか?

でも、たとえ本当に聞いたことがあったとしても、

ポイント

うんざりしたような顔を出してしまってはいけません。

なぜなら、自分にとってはいつも同じ話に思えても、相手は楽しそうにその話をしている可能性があるからです。

ですから、気分を害してしまわないためにも、「同じ話が多いな」ではなく、「いつも明るく楽しい人だな」と、

相手の良いところを見つけてみてはいかがでしょうか?

そうすることにより、上司や先輩からも、「いつも嫌がらずに聞いてくれて、憎めない人だな」と好印象を得られるでしょう。

まとめ

  • 上司や先輩が前にも聞いた話をしていても、決して嫌な顔をしてはいけない。
  • 「同じ話」とマイナスに思わず、相手の良いところを見つけてプラスに考える。

相手に合わせて会話を

3つ目に、とにかく安い物が好きで、周囲に「自分の金銭感覚が一番正しい」という雰囲気を醸し出す上司や先輩もいます。

またそういう人に限って、時計やバッグなど、職場の人が所有している物の値段をすぐに知りたがる傾向にあります。

この場合、自分は「高くても長く使えて愛着が持てる物が好き」と思っても、

ポイント

値段を聞かれたら購入した金額よりも安く言うことをお勧めします。

なぜなら、本当の金額を答えることで、「よくそんなに高い物を買うね」と気分を害してしまうからです。

逆に、「この服●●円だから安くていいでしょ?」と聞かれたら、

「そうですねえ」と相手に合わせて話すと不機嫌にはならないでしょう。

まとめ

  • 自分の金銭感覚が正しいと思う上司や先輩には、所有物の金額は安く言う。
  • 逆に自分の所有物の値段を自慢された時には、「そうですねえ」と同意する。

まめなコミュニケーションを

最後に、人間は人と人との接触回数が多ければ多いほど、相手に対して親近感を感じる生き物です。

接触とは、ミーティングや職場の行事といった公的な物ではなく、

出会ったときの何気ない挨拶や立ち話などと行った個人的な関わりを意味します。

ですから、エレベーターや廊下で上司や先輩に会った時は、必ず話しかけるように心がけましょう。

仕事の確認、日頃お世話になっていることへのお礼、その日の天気のことなど、話題は何でもかまいません。

これを繰り返すことで、「この人はきちんと挨拶ができて礼儀正しい人だな」と気に入られ、上司や先輩からも話しかけてもらえるようになるでしょう。

また、この行動は上司や先輩だけに限らず、同僚や後輩にも行うことを忘れないで下さい。

そうすることで、同僚や後輩ともお互いに印象が良くなりますし、影で見ていた先輩にも、

「あの人は後輩にも良い対応をするなあ」と好印象を与えるでしょう。

まとめ

  • 人と人との接触回数が多ければ多いほど、お互いに親近感が得られる。
  • 上司や先輩に会ったら、挨拶や仕事の確認など、必ず話しかける。
  • 話しかけることは、同僚や後輩に対しても忘れてはいけない。

まとめ

上司や先輩に対して職場で気をつけるポイントは、次の4つです。

まとめ

  • どんな連絡でも即レス。
  • 同じ話を聞いても、初めて聞いたような反応をする。
  • 金銭感覚については、相手に合わせて会話をする。
  • まめなコミュニケーションを心がける。

仕事の技術や身なりも大切ですが、

コミュニケーション能力によって、人の印象は大きく左右されます。

お互いに気持ちよく働くことができるように、

挨拶やお礼で相手に敬意を払い、相手に合わせた会話を心がけ、

必要な連絡は必ず行うように努力していきましょう。

-人間関係

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.