その他 知識

【YouTube】がもたらす影響【リスクと対策】

こんにちは、みっちゃんです。

今回はこんな質問に答えていきたいと思います。

今は、小さい子から大人までみんなYouTubeを見ているけど、
今後、YouTubeはどうなるのかな?

ケロくん
みっちゃん

そうだね。
YouTubeはこれからも当たり前のコンテンツになっていくだろうね。
ただ、使い方を気をつけないと危ない面もあるから注意が必要だね。
その点も踏まえて説明していくね。

はじめに

最近では当たり前になってきたYouTubeですが、YouTubeが与える影響やこれからの未来について考えていきたいと思う。

 小学生はYouTubeが大好きだ。いや、もう国民のほとんどがYouTubeが大好きです。

街中や店の中でも、子どもたちは、YouTuberの動画を視聴している。

YouTubeに夢中になってスマホを離せない子どもの姿を目にしたことのある人も多いと思う。

しかし、子どもたちのYouTube利用には問題が何点かある。

悪い場合、数年間にわたって子どもを苦しめ続けることもある。

それを避けるためにも今回は、子どもたちに与えるYouTubeリスクと対策について紹介したい。

トラウマになる動画

これは子どもたちがYouTubeを観ていると起こることの1つです。

子どもがYouTubeを見せていると、突然、泣きだした。

驚いてスマホの画面をのぞくと、子どもの大好きなアニメキャラクターの残虐な動画がたくさんありました。

 実際YouTubeで観たこともあるかもしれませんが、ドラえもん、しんちゃん、サザエさんなど子どもに人気のキャラクター名で調べると、

普通の動画と一緒に少し絵のタッチや、イラストのようなサムネイルが、表れた。

内容を観てみると性的だったり、暴力的だったり、子どもに残虐だったりと、不快でトラウマになるようなシーンが満載。

声が高かったり、おもちゃの人形を使ったものや、アニメ、イラストの動画が多い。

Googleもこの問題を深刻にとらえているが、残念ながらまだ大量に投稿される動画に対処しきれていない。

なぜ残虐的な動画が世界的に増えている理由はわかっていない。子どもに対する強い悪意を感じる不適切な動画であるよいに思う。

そのような残虐な動画を子どもに見せずネット動画を利用させたければ、

動画配信サービスや子ども向けチャンネルや、子ども向けYouTube Kidsを観るのもいいかもしれない。

YouTube Kidsでは、タイマー機能などがあり、動画を見る時間の制限ができる。

しかし現状、動画が子守りの役をしていることがあり、保護者が全てを管理することが難しいのが現状です。

実際は、YouTube Kidsでも一部の残虐な動画は見られる。

保護者は見せっぱなしにせず、時折、子どもが見ている動画や視聴履歴を確認したほうがいい。

動画の視聴時間

子どもたちに話を聞くと、親から何もルールが無く、YouTubeを自由に見られる子どもは多く、

「テレビ離れが進んでいった理由の1つにYouTubeを見るもの」と考えた。

「好きな時間に好きなチャンネルを見る」ことが染み付いているため、時間に縛られるテレビではなく、YouTubeのほうが現代に向いていた。

特にYouTuberのHIKAKIN、フィッシャーズ、はじめしゃちょー等、今では、数えることができないくらいのチャンネルがあり、YouTuberが存在する。

そんなにチャンネルがあるのはTVでは考えられない。

では、子どもの親は、どう思っているのだろう。

保護者に意見を聞いてみたら、「時間を決めないと5時間以上もYouTubeを見ている」「1度観始めたら止まらなくなる。

そのために、睡眠不足や学力低下にも悩まされた」という声が多く聞かれた。

 一方で、「仕事が忙しいときは、子どもの相手をしてあげられないとき、YouTubeに頼ってしまう」「観せていると大人しくなるから」と、

上記でも述べたようにYouTubeを子守り代わりに使わせる保護者も多いようだ。

 日常にYouTubeはすっかり溶け込んでおり、その影響力は絶大だということがわかる。

ある保護者からは「子どもがYouTuberの真似をして、できないと怒ったりする」という話や、

「子どもがゲームのギフトをYouTuberに送りたいと言ってきかない」という話を聞くことができた。

 子どもの力だけで、YouTubeの視聴時間をコントロールするのは難しいようだ。

その理由は、一度動画を観だすと、次々とおすすめ動画や関連動画が表示されるなど、長時間を促す仕組みがたくさんある。

 家庭ではどのような対策をとっているのか調べてみた。

ある家庭では「YouTubeは19時まで」や「1日1時間、休みの日は2時間」など視聴時間に関するルールを決めている家庭が多く見られた。

また、動画を観てない時間は、外遊びなどの違う遊びを子どもに進めて、視聴をやめさせるためのルールを作っていきたい。

炎上と個人情報流出

 私たちのときには考えられなかったが、YouTuberは、子どもたちのあこがれる職業のひとつだ。

中高生を対象にした調査だが、「将来なりたい職業」について聞いたところ、YouTuberが男子中学生、女子中学生のそれぞれ3位と10位にランクイン。

近くの小学校の子どもたちに聞いてみたところ「YouTuberになりたい」と回答した。

実際に幼児や小学生の人気「キッズYouTuber」もいて、

動画をアップロードできる環境があれば、すぐにでもYouTuberを目指したいと思う子どもが近い将来出てくると思う。

上記でも述べたがYouTubeの動画は環境さえ整えば、簡単にアップすることができる。

スマホのYouTubeアプリの右上には撮影マークがついており、数回タップするだけで動画を撮って、YouTubeに投稿できる。

ある子どもたちは、「おもしろそうだから」という軽い気持ちで、YouTubeに動画を投稿をした。

それが他の保護者に見つかり、問題になったこともあった。

キッズYouTuber動画の中には、炎上している動画もある。

炎上した動画には、「バカ」「キモい」など誹謗中傷のコメントが大量に寄せられる。

さらに一度炎上した動画は削除したとしても、また別のユーザーが面白おかしく編集をして、YouTubeにアップロードされることもある。

 炎上することは、おそろしいこと、名札が映りこんでいたり、近くの公園などが映ってしまい、

通っている学校名がバレたり、住所を特定されたりする小学生YouTuberもいる。

さらに特定された名前や住所などの個人情報を真相は不明だが、勝手に「まとめサイト」などに書かれているYouTuberもいる。

 YouTubeでの、子どもたちのトラブルに対しては、YouTubeからも公式に警告が出されている。

そもそも13歳未満の児童はGoogleアカウントを持てない。 保護者は必ず子どものYouTube利用について見守る必要がある。

同時に、「動画は投稿しない」、「インターネット上に個人情報は出さない」というルールをしっかりと決めておく必要がある。

一度アップしてしまった動画は永遠に消すことができないことを、子どもだけでなく、保護者の方も覚えておいてほしい。

最後に

いかがでしたでしょうか?

YouTubeは簡単に動画を視聴、投稿できる反面、

上記で述べたようなリスクが付きまとっているというのを理解した上で楽しんでいく必要がありますね。

今回も記事を最後まで、読んで頂きありがとうございました。また、次の記事で会いましょう!

-その他, 知識

Copyright© みっちゃんチャンネル , 2021 All Rights Reserved.